ホワイトニングの値段相場とランキング

今回は、ホワイトニングの値段相場とランキング、ということで知っているだけでお得なホワイトニングの情報をまとめていきたいと思いますので、これからホワイトニングをしたいと考えている人たちの参考にして頂ければと思います。

さて、今回はホワイトニングですがホワイトニング自体は大きく分けて二つの種類が存在します。

まずは歯科医院などクリニックで施術をしてもらうオフィスホワイトニング

もう一つが自宅で処方された薬剤などを用いて自分で行う事ができるホームホワイトニングです。

最近ではこのホームホワイトニングがその手軽さで非常に人気で、その名前だけでも聞いた事がある人が多いのではないでしょうか?

ここではそのホワイトニングごとの詳しい説明と値段の相場やホームホワイトニング用品の人気ランキングを合わせて記述していきますので、ご覧下さい。

 

オフィスホワイトニングについての詳細と料金について

まず最初にオフィスホワイトニングの種類についてですが、その代表的なものの多くは過酸化水素等の高濃度漂白剤を用いての施術方法になります。

治療名称で言えばビヨンド、ズーム、ルマホワイト、オパールエッセンスと呼ばれているもの全てがこの過酸化水素高濃度漂白剤のホワイトニングになります。

この医療用の漂白剤は有機着色物を除去する作用があると思われがちですが、本来は除去ではなく無色化作用が正しいところで、歯の象牙細管という深部まで入り込んで内部を白くするという働きをしています。

ちなみのこの治療で用いられる過酸化水素漂白剤は法律によって医療機関以外では原則使用不可能とされていて、ホワイトニング名目でもクリニック外での使用は禁止されている方法でもあります。

ここからは大切なオフィスホワイトニングの料金についてですが、一般的にクリニックや使用薬剤によってホワイトニング料金は変わってきますが、おおよそ1回30000円から50000円ほどとなっています。

一般歯科に比べてホワイトニング専門のクリニックの場合、その値段はやや下がる傾向にありますが、上限で50000円という認識を持っておけば悪質なクリニックに引っかかることは無いでしょう。

ただ、相場よりも安い料金でホワイトニングを行っているクリニックは、ホワイトニング薬剤として医療用漂白剤ではなくポリリン酸やメタリン酸などを主に使用して治療しているクリニックも多く、過酸化水素漂白剤などの医療用漂白剤と比べて効果が薄い事が予測されます。

実際に予後に関しては痛みなどを感じづらいのですが、その分ホワイトニング効果も薄いので最初に治療で使用する薬剤や効能の確認も、各クリニックの先生から十分に説明を受ける必要があります。

その他にも薬剤の他に診察料やクリーニングの技術料金、施術の本数に応じた追加の料金、施術後のコーティング料金などその他の費用がかかってくることも、治療の前に確認するようにしましょう。

 

ホームホワイトニングについての詳細と料金について

ホームホワイトニングにも様々な種類が存在します。

クリニック発のホームホワイトニングなどには、その患者にあったマウスピースを作成して自宅でそれぞれに処方された薬剤を使用して一定時間漂白をするといった方式が取られます。

こういった施術方法もビヨンドやズーム、ルマホワイトなどと施術方式に名前が付けられています。

その他には自宅で歯磨きついでにポリリン酸を使用してステインを落とす方法や、CMで人気を博したアパガードの使用なども大きくはホームホワイトニングの一環だと言えます。

結果論で言えば、ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べて、手軽ではあるが時間や回数時間はある程度かかってしまう事がデメリットとしてあげられ、その効果のほども個人差が大きいと言えるでしょう。

ここからはホームホワイトニングの料金についてですが、一般歯科でホームホワイトニングの診断を経ての処方を行ってもらった場合、1度の治療につき20000円から40000円程度の料金がかかってきます。

その他の費用としてはやはり診療毎に診察代がかかりますし、自身で選択したホームホワイトニング用品を使用するのであれば、それに伴った薬剤料金がかかってきます。

 

オフィスホワイトニングを選択するポイントについて

ここまで各ホワイトニングの診療代になどについて記述してきましたが、その医療費の高さに驚かれる方もいらっしゃると思います。

実は、現在の日本ではホワイトニング治療全般は自由診療扱いになっていますので、いわゆる健康保険の適用外の診療になってしまうのです。

さらに言えば、自由診療と保険診療とを混合で行う混合診療も禁止されているため、ホワイトニングの治療全般はもちろん、それに付随する治療全てに関して健康保険の適用を外れてしまう事が、治療費の高騰に繋がっています。

ただ、ホワイトニングに関してはまだまだその方式が各クリニックによってシステムが異なっている事が多く、医院によってはできるだけ治療費を抑えるような方式をとってくれているため、最初に納得のいく説明を行ってくれるクリニックを探してみると良いでしょう。

 

ホームホワイトニングを選択するポイントと有効な成分について

ホームホワイトニングは手軽で継続性がありますが、クリニックで使用できるような医療用の漂白剤の使用が禁止されているため、ステインに有効な成分が配合されているホワイトニング用品を選択する事が大切になります。

ホームホワイトニングに有効な成分としてあげる事が出来るものは、有名なものでポリリン酸ナトリウムや、やはりフッ素、ハイドロキシアパタイトなどでしょうか。

こういったホワイトニング効果やコーティング効果の高い成分が配合されている優良な商品を選択する事が、ホームホワイトニングには非常に重要だと言えるでしょう。

 

プロも愛用するホワイトニング用品ランキング

第1位は、株式会社ファンファレのはははのは、です。

歯の黄ばみや口臭の原因菌を排除することを目的として作られたホームホワイトニングの決定版的商品です。

実は研磨剤や漂白剤が不使用の商品なので、お子様でも安心して使用できるのが嬉しい商品でもあります。

第2位はGCのルシェロ ホワイト、です。

研磨剤を使用してのホワイトニングは、最終的に歯に傷がついてしまってステインの侵入の原因になりかねませんが、こちらのルシュロホワイトは汚れを浮かせる成分を配合しているため、毎日のホワイトニングでも歯のエナメルを傷付けることなく使用していけるのが嬉しい商品です。

タバコのヤニを落とすことを目的とした商品ですので、喫煙者の方に是非試して欲しい商品でもあります。

第3位はクチュールのスーパースマイル、です。

アメリカ審美歯科学会の創設者である、Dr.Irwin Smigel監修のホワイトニング歯磨きである本商品は、本国アメリカでもベストセラーを記録した超定番商品です。

1日に数回、水をつけずに歯ブラシにで歯を磨くだけで手軽にホワイトニング出来るとあって、アメリカで大ヒットを記録しました。

第4位はサンギのアパガード スモーキン、です。

日本で大人気のアパガードは第4位にランクインしました。

日本では有名な商品で、主にコーヒーや紅茶のカフェイン系からくるステインの除去を目的とした成分配合になっています。

クセのない使用感で、日本人の特に女性を中心に歯のホワイトニングの意識を根付かせたホワイトニングのパイオニア的な商品です。

歯を本来の色に近づけてくれると評判で、発売当初からパール成分を配合させた独自の配合理論で根強いファンを獲得しています。

 

最後に

ここまで、ホワイトニングの値段相場とランキング、ということでまとめてきましたが参考になりましたでしょうか?

歯を漂白するという意味においての本来のホワイトニング施術はクリニックでしか取り扱っておりませんし、まとめにあるように保険の適用外になってしまう可能性が高いため、かかりつけの歯科医院の先生に相談してみることをお勧めします。

クリニックそれぞれにホワイトニングに対する考え方が違うため、自分がオフィスホワイトニングを希望していても先生や口腔内の状況によってはホームホワイトニングを進められるかもしれません。

そういった事に関してもその都度クリニックの先生と相談をしながらホワイトニングについての認識を深めていく事が最初の一歩として大切な作業になります。

コストや効果と相談しつつ、自分にあったホワイトニング方法を探してみる事にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です