自宅ホワイトニング!ホワイトニングの種類と方法を詳しく紹介!

今回は、歯の黄ばみが気になっている方へ自宅で手軽にホワイトニングする方法を原因から自宅ケア方法までをご紹介したいと思います。

笑ったときに見える「白い歯」は男女問わずに非常に印象が良く見えます。

歯のホワイトニングはクリニックだけではありません。最近では、自宅でも簡単にホワイトニングケアが出来、綺麗な歯を手に入れる事が可能です!

そこで今回は、自宅で手軽にできるホワイトニング(ホームホワイトニング)のお勧めの方法や手順、そもそもなぜ歯が汚れてしまうのか?原因部分から記述していこうと思いますので、ご覧下さい。

 

どうして歯は汚れてしまうのか?

まず歯になぜステインが付着してしまうのか、その原因についてなのですが、大きくは食品やタバコのヤニなどが直接的な原因とされています。

これらが歯の表面に着色汚れとして定着してしまって、そのエナメル質の表層だけでなく内部にまで蓄積されてしまうとステインとして残ってしまい、いくら歯を磨いても落ちない頑固な汚れとして残ってしまいます。

そうなってしまうと、過酸化水素漂白剤などを使用してのホワイトニングなどの漂白作業などの施術が必要になりますので、まずはそもそも歯にステインが残らないように生活を見直してみることが、ホワイトニングには非常に重要な作業になります。

 

歯についた着色を落とす方法

基本的な方法としては、ホワイトニング用の歯磨き粉で歯を直接磨くという方法です。

最近の歯磨き粉には基本的に研磨剤が使用されているので、歯の表面に付着した着色汚れを落とすことに関しては効果のある方法だと言えます。

製品によっては、子供には刺激の強すぎる研磨剤・漂白成分が含まれている恐れがありますので、お子様が誤ってホワイトニング製品を使用しないように注意が必要でしょう。

次に、そのホワイトニング歯磨き粉の成分を凝縮した、歯のステイン専用の消しゴムといったものも存在します。

イメージとしてはシンクの汚れなどに使用する激落ちくんのイメージ。

こちらも研磨成分が強いので、歯のエナメル成分に悪影響が無いように注意が必要になります。

 

ホームホワイトニング種類別

歯のマニキュア

自宅ホワイトニングとして今まで主流だったのは、歯のマニュキアを使用するホワイトニング方法です。

根本的に歯を漂白する方法では無いので、厳密にはホワイトニングとは呼べないかもしれません。ですが、自宅で歯をホワイトニング並みに白くできる方法としては簡単に行えるので急いでいる方向けの方法です。

要領としては、塗料を歯の表面に塗ることで白くしていくという単純なものです。

この方法は非常に手軽である事と、ステイン箇所以外にも銀歯の埋め込み部分や差し歯部分にも使用できるのがメリットです。

 

ホワイトニング成分入り歯磨き粉

最新のホームホワイトニングの方法は、ホワイトニング効果のある成分を含んだ歯磨き粉を使用する方法です。

こういったホワイトニング商品を選ぶ際には、その効果の程が誇張されていることが多いので、配合されている成分などを冷静に判断しなくてはなりません。

 

電動歯ブラシでケア

実は、電動歯ブラシでのケアも自宅で出来るホワイトニングに挙げることができます。

その際に水流洗浄ができるタイプの電動歯ブラシを選択して、ホワイトニング歯磨き粉と一緒に使用すると、より効果を得られるでしょう。

歯ブラシ自体も、自身に合ったタイプのものを探すことが先決ですので、面倒ですが1製品につき実際に試してみる必要があるでしょう。

 

ステイン食品を避ける

この方法は食事改善になります。

歯ごたえの良いものを口にしたり、歯にステインがつきやすい食品の摂取を控えることも重要な要素になります。

それでも頑固で落ちないステインがあるという人には、クリニックでホームホワイトニング専用のマウスピースを作ってもらい、専用のジェルなどを処方してもらって自宅でクリニック並みのホワイトニングを行う方法もありますので参考にしてみてください。

 

ホワイトニングした歯を維持する方法

実際にホワイトニングが成功した後の口腔内のケアは非常に重要で、何も生活改善やケアをしなければ一ヶ月後にはほとんど元どおりになってしまいます。

そうならないためにもホワイトニング後の定期的なメンテナンスは必要不可欠になりますのでここに記述しておきます。

まずホワイトニング歯磨き粉の常用は非常に有効です。

その中でも成分としては、「ハイドロキシアパタイト」が配合されているものが、白い歯のキープには非常に効果的なので注意して選ぶことにしましょう。

他の方法としては、ホワイトニングペンも有効な方法として知られていて、ホワイトニング後のメンテナンス用品として人気がありますので、メンテナンスも自分に合った方法のものを探してみると良いでしょう。

 

ホームホワイトニングでは落ちないステインとは?

ホワイトニングで効果がある歯は、神経の生きている天然の歯だけになりますので、経年変化した詰め物の歯などはどうしても元の色には戻りません。

こういった神経の通っていない歯に関してはブリーチが効果的なのでセラミックによる施術が必要になる可能性が高いです。

こういった医療行為に近いホワイトニングに関しては、クリニックの先生と相談をしながら進めていかなくてはなりませんので、かかりつけの医院に相談するようにしましょう。

この他セラミック治療以外にも、歯を削る面積を抑えるラミネートベニア施術や、プラスティックを直接貼り付ける方式のダイレクトボンディング施術などの医療ホワイトニング方式は多岐に渡りますので、コストとの兼ね合いなど医療従事者と相談をしながら進めていきましょう。

 

間違っているホワイトニング方法とは?

最後に、ネットで見かける間違ったホワイトニング方法についてご紹介します。

①歯をゴシゴシと力任せに磨く方法

これは歯のエナメルに非常に悪影響ですので止めたほうが良いでしょう。

②重曹での歯磨き

これもエナメルが剥げてしまいますのでオススメできません。

③柑橘系の果物を使用しての歯磨き方法

歯の表層を傷付ける恐れがあるためこの方式は全般的にオススメできません。医学的に認知されている方法では無いと覚えておきましょう。

 

最後に

自宅でできるホワイトニング方法も現在では様々な種類が存在します。

ネットの情報などが多くなってきているので、どの方法を試していいのか迷ってしまう人も多いと思います。

中には明らかに間違っている歯のエナメルに悪影響のある方法が紹介されていたりもしますので、自分にあったホワイトニング方法を選択することはもちろん、きちんと医学的に実証のある安全な方法を選ぶようにしましょう

▼ホワイトニング記事はこちら

ホワイトニングの値段相場とランキング

2018.05.24

TV通販でも大人気!「ポリリンオーラルケアシリーズ」の効果って?

2017.12.27

薬用ホワイトニング【ビースマイル】ヤニのホワイトニング効果は?

2017.12.17

美容歯科の自宅で始める本格ホームホワイトニング!「パールホワイトPROEXプラス 」ヤニに効果ある?!

2017.12.07

タバコで黄ばんだ歯を自宅で手軽にホワイトニングケアとは?

2017.10.23

タバコで黄ばんだ歯を白く!ヤニを落とすホワイトニング方法

2017.10.12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です