「iBuddy」はアイコスの互換品として使って問題ない?口コミ、評判について

iBuddyはアイコスの互換品として使って問題ない?口コミ、評判について

今回は、アイコスのヒートスティックの互換製品として話題の「iBuddy」について、その製品の詳細と実際に使用した口コミや評判をまとめてみましたので、ご覧下さい。

品薄状態が続く加熱式電子タバコ界の救世主として、突如登場したiBuddyですが、仕様については未だによく知られていないのが現状です。

使い方や見た目としては、アイコスとグローのいいとこ取りした商品に仕上がっている印象を受けます。

同じヒートスティックでも、アイコスに比べて味が若干違うなど、細かい違いもありますので、気になっている方の参考になればと思います。

「iBuddy」製品特徴

iBuddyアイコス専用のヒートスティックを、アイコスの本体を使用せずに楽しめるアイコスの互換機商品になります。

当初はアイコスの代用品としての立ち位置での販売開始になりましたが、iBuddyでのヒートスティックの使用が思いの外感覚がいいとのことで、iBuddyでのヒートスティック吸引を選択するユーザーも増え始めています。

使用方法としては、グローに非常に酷似していて、商品概要もほぼ一緒です。ヒートスティックをiBuddy本体に挿して加熱して吸引するという方法になります。大きさ的にもヒートスティックの箱と同程度の大きさしかないので、かさばらずに持ち運びができて非常に便利との声が聞かれます。

付属品としてはiBuddy本体と、クリーニングブラシ、充電ケーブル、クリーニング用の綿棒、取扱説明書になっています。iBuddy本体は柔らかいゴム素材でコーティングがされていて、落下事故に強い構造になっているのも嬉しいポイントです。

iBuddyが製品としてアイコスより優れている点について

iBuddyの使用でよく言われるのが、アイコス本体でヒートスティックを吸うよりも、喉へのキック感がありタバコを吸っている感じが味わえるという評価です。

そのため、満足感がアイコスよりも感じられ、ヒートスティックを消費する本数が減らせるという効果が期待できます。

次に、アイコスよりもサイズ的にふた回りほどサイズダウンしているため、重量も半減していて非常に持ち運びやすくなっているという点です。手のひらにすっぽりと収まるサイズ感は非常に魅力的です。

そして、これは一番加熱式電子タバコユーザーは嬉しいポイントになりそうですが、待ち時間がないというのもiBuddyの特徴だと言えます。アイコスだと、一本吸った段階で5分間ほどの充電が必要になりますが、iBuddyはバッテリーと一体型の構造をしているために、続けざまにヒートスティックを吸うことができます。

それに伴って、途中でヒートスティックを吸うことをやめても、また再開して吸うことができるため、ヒートスティックの本数を減らせてランニングコスト的にも大変お得になります。

クリーニング自体も非常に簡単で、アイコスのような繊細な作業が必要なく、iBuddyはスティックの差し込み口を外すことができて、水洗いができてしまうので、衛生面でも向上している商品だと言えるでしょう。しかもアイコスのようにクリーニングの最中にブレードを折ってしまうような構造にはなっていないので、安心してクリーニング作業を行うことができます。

iBuddyが製品としてアイコスより微妙な点について

アイコスの本体よりもiBuddyが若干劣っていると感じる点は、まず最初に充電の頻度が上がってしまうという点です。

アイコスのバッテリーは、総量でおよそヒートスティック二箱分になりますが、iBuddyはその半分程度と考えていた方がいいでしょう。

使用感や味などは、好みにもよるのですがiBuddyの方がヒートスティックをタバコの味に近づけることができます。

こういった一長一短の部分を考慮してiBuddyとアイコスを比較、選択する必要があります。

iBuddyを実際に使ってみた感想について

実際にiBuddyを使ってみると、しっかりと煙が出て喉にガツンとくる衝撃があります。

まさにタバコそのものだと言って差し支えなさそうです。若干アイコスに比べてiBuddyは味をマイルドにしてしまいがちですが、それもiBuddyの風味だと思って慣れてしまえば、感覚的には問題なさそうです。

iBuddyの唯一の弱点としてバッテリーの脆弱性がありますので、ヘビースモーカーの人は、モバイルバッテリーを持ち歩くなどの対処法が必要になりそうです。

ただ、ヒートスティック一箱分は十分充電は持ちますので、その範囲で毎日忘れずに充電することができれば、一般的にはそこまで大きく問題にはならないでしょう。

iBuddyの口コミや評判について

iBuddyの評判その1

ヒートスティックを差しやすくて抜きやすいです。アイコスのようにヒートスティックが中に残ってしまう危険性が少なくなっているので、非常に使いやすく感じられました。メンテナンスもしやすくて良いです。

iBuddyの評判その2

アイコスのサブとして機能しています。同じヒートスティックでも味の違いを楽しむためにiBuddyをサブ的に持ち歩いています。味に飽きがこないし、サブ的に使えば充電もそこまで気にする必要性がないので非常に重宝しております。

iBuddyの評判その3

グローに近い製品を探していて、最終的にiBuddyに落ち着きました。まだまだ品薄状態が続いている加熱式電子タバコの中でも、比較的簡単に手に入って、しかも味も悪くない。本当だったらグローが良かったけど、iBuddyの味に慣れてしまうと、他の加熱式電子タバコの味に満足できなくなってしまいそう。

ここまで、iBuddyはアイコスの互換品として使って問題ない?口コミ、評判について、ということでまとめてきましたが、参考になりましたでしょうか?

実際に使用してみた感じでも、アイコスと煙の質に遜色もないですし、何より使用者からの口コミや評判が非常に高い商品です。

使う前のイメージだと、アイコスの劣化版というイメージが強いでしょうが、全体の作りとしては非常にコンパクトに収まっているし、使い勝手としては申し分なく味も悪くありません。

迷っている方は、アイコスの流通が安定してくるまでのつなぎとして購入してみてもいいかもしれませんね。

今回ご紹介したiBuddy i1以外にも評判のいい互換機は多くあるのでぜひともチェックして見るといいでしょう。下記の記事でアイコス互換機の紹介をしているのでぜひ参考にして下さいね。

iQOS互換機の最新人気ランキング【2018年度版】徹底比較!最強のアイコス互換機はどれだ?

2018.08.24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です