iQOS互換機「EFOS E1(イーフォス)」レビュー・評価・口コミは?iQOSと比較結果!

今回は、iQOS(アイコス)互換品「EFOS E1 (イーフォス)」の実際の使用感や評判をまとめていきたいと思います。

これから購入を希望されている方や、EFOS E1が気になっている人の参考になればと思います。

加熱式電子タバコといえばiQOSというほど、業界内でのシェアを握ってきたiQOSですが、その唯一の大きな弱点として本体の故障率の高さが挙げられています。

iQOS本体自体も加熱式電子タバコの中では高額な方なので、その本体の脆さはユーザーにとっては非常に切実な問題になっていました。

その為、最近ではiQOSの故障やサブ使いも含めたiQOSのヒートスティック互換機が続々と発売されてきています。

その中でもEFOSは、ユーザー間での評価が非常に高く、気になっている方も多いとおもいます。

ここでは、そのEFOSの製品スペックからオススメのポイント使用感・レビュー実際に使用したユーザーからの口コミなどを記述していきたいと思いますのでご覧ください。

 

EFOS E1(イーフォス)の通販最安はどこだ?!

現在、EFOS E1(イーフォス)が一番安く購入できるのは楽天市場の「VAPE STEEZ」というVAPE専門ショップです。

公式・楽天市場・Amazonを調べてみたところ、販売価格は一律7,884円でした。


楽天の「VAPE STEEZ」も同じ7,884円ですが、特別割引クーポンを発行しているので、そのクーポンを購入時に利用すると最安価格になります。

更に楽天市場ではポイントが付き、もっとお得になります。実質最安価格は楽天の「VAPE STEEZ」ということになるでしょう。

 

EFOS E1(イーフォス)とiQOSのスペック比較

本家iQOSとEFOS E1(イーフォス)のスペック上の違いをわかりやすく比較した表を作ってみました。
両機のスペック情報は下記の表の通りとなります。

商品
安心メーカー保証90日 加熱式 EFOS E1 2000mAhバッテリー搭載 加熱温度調整機能 日本語取扱説明書 たばこスティック対応 【VAPE】【加熱式】【電子タバコ】

【送料無料】【新型iQOS】【正規品】【新品 未開封】アイコス 本体 iQOS 2.4plus 新型 最新 限定 本体キット ネイビー navy NAVY 加熱式 タバコ 電子タバコ 本体 キット ホルダー スターターキット 即日発送 最安値挑戦(沖縄県、離島は送料別途1,000円かかります)
価格 7,884円 9,600円
カラー ブラック、ホワイト、レッド ネイビー、ホワイト
ホルダー 一体型 分離型
バッテリー容量 2000mAh 2900mAh
吸引回数 約20回 約14回
吸引時間 約5分50秒 約6分
サイズ 103mm×
47.5mm×
24mm
・チャージャー
111mm×
50mm×
15mm
・ホルダー
94mm×
14mm
連続使用 5本まで可能 できない
充電時間 ・5V2A 70-75分
・5V1A 110-115分
・チャージャー 約90分
・ホルダー 約4分
保証期間 3ヶ月 6ヶ月
その他機能 ・温度調整機能(2段階)
・耐熱温度 -15℃~50℃
・3D加熱システム

スペック面での大きな違いは連続使用機能と温度調節機能の有無でしょう。

製品の特徴・価格は?


EFOSは、独自に開発された「3D加熱システム」という方法で、iQOSのヒートスティックを均等かつ効率的に加熱することが出来る用に設計されているのが一番の特徴です。

タバコ本来の「味・風味」を一層際立たせることのできる加熱式電子タバコになっています。

その他に、バッテリー容量が2000mAhで非常に大容量になっているなどパワフルで安定した動作が特徴です。その容量については、後ほど充電についての項目でiQOSと比較・検討してみたいと思います。

 

本体価格:7,884円

今ならプレゼントキャンペーン中!

 

バッテリーの持ちは?iQOS(アイコス)と比較!

上記の表で記載した通りiQOSでは1本吸う時間は14回の吸引、もしくは6分間使用出来ます。そして、次に吸うまでには約4分間の充電が必要になります。

iQOSは使用を続けてチャージャー自体の充電がなくなった場合、旧型iQOSで90分間、新型iQOSで72分間の充電が必要です。

これがiQOSユーザーから聞かれる一番のデメリット。「連続吸いができない」とユーザーからデメリットとして評価されていました。

しかし、EFOS E1(イーフォス)では、1本の吸引時間は20回吸引or5分50秒までの使用可能iQOSよりも吸引回数が増えています。

しかも電源が落ちた場合にも、すぐに新たなヒートスティックを使用可能です。なので、チェーンスモークが可能になっています。

とはいえ、連続で使用することで本体が高温になってしまうため、メーカー的にはチェーンスモークは5本までということになっています。

ただ、EFOSが満充電の際には最大でヒートスティックが16本吸えるほどの電力をチャージできるので、いかにEFOSの容量が大きいかが分かります。

喫煙スタイルによってはiQOSの連続使用ができない点は大きなデメリットですが、EFOS E1ではその点が解消されるのはもっとも大きな違いと言えるでしょう。

EFOS E1(イーフォス)の特徴は?

EFOS E1は、どのような特徴があるのかまとめてみました。セールスポイントは下記の通りです。

EFOS E1の特徴

  • 2パターン動作モード
  • 3D加熱システム
  • チェーンスモークが可能な連続使用設計
  • バイブ通知機能
  • カラーバリーエション・デザイン

それではEFOS E1(イーフォス)のセールスポイントとなる特徴を一つ一つ解説します。

2パターン動作モード

EFOS E1には、低温モードと高温モードの2つのモードが搭載されています。このモード切り替えにより、加熱の温度を調節できます。

加熱の温度を変更することで何が変わるのかと言うと、

加熱の温度を変えると味や風味に大きな変化が出ます。低温にすると本家iQOSに近い風味、高温にするとより本物の紙タバコに近い風味になります。

このように温度を切り替える機能はiQOSには備わっていません。

EFOSには、それぞれの好みに合わせて動作モードを変更して、味わうことができ、ヒートスティックの楽しみ方が広がるのでとても良いですね。

ムラなく均等に!EFOS独自の3D加熱システム

3D加熱システムとは、SMISS社がEFOS E1の為に独自に開発した加熱システムのことを指します。
この3D加熱システムのおかげでiQOSのヒートスティックを均等かつ効率的に加熱することができます。

ヒートスティックが均等に加熱されることにより、味や風味にムラがなくなりさらに旨味がでるようになるのです。

EFOSはヒートスティックの周りを加熱するように筒状の加熱方式を採用しています。

吸い終わったヒートスティックをバラしてみたところ、本家iQOSでは加熱のムラによるものなのか、外側が黒くなっておらず、多少の無駄が出ている様子でした。

EFOS E1で喫煙したヒートスティックはほぼムラなく、黒くなっていました。

このようにヒートスティックの吸い殻をみてもわかるように3D加熱システムは精度が高く、味のムラをなくしキック感を強める働きをするのでしょう。

加熱方式のメリット

  • 熱が満遍なくヒートスティックを通るので味や煙にムラが出ない
  • ヤニ汚れを本体に残さない(ブレードを差さないのでヒートスティックの中身を残す事がありません。)

 

チェーンスモーク可能な連続使用設計

本家iQOSユーザーから一番よく聞くアイコスへの不満が、連続して吸うことができないという点です。

長年の喫煙者にとってタバコを立て続けに吸うのは習慣になっており、特に休憩中などは限られた時間の中でできるだけ多くの本数を吸おうとしますよね。

そのような吸い方をしたくてもアイコスではできません。

EFOSでは、連続使用が5本まで可能なのです。休憩中にできるだけ多くヒートステックを吸いたいという要望にも応えることができるのですね。

この点はヘビースモーカー上がりのアイコスユーザーにとっては、素敵な仕様と言えるでしょう。

バイブ通知機能

EFOS E1(イーフォス)には、加熱完了や加熱完了間近のタイミングをバイブでお知らせする機能がついています。
iQOSではお馴染みの機能ですが、iQOS互換機ではこのような通知機能がついていないことが多く、そのような互換機を使用していると『いつ吸い終わればいいか分からない!』みたいなことがあります。

このEFOS E1ではバイブ通知機能のおかげで、吸い終わるタイミングがピンポイントで分かるのは非常に助かります。

カラーバリーエション・デザイン

EFOSのカラーバリエーションとしては、ブラックとホワイトが販売されています。

iQOSはネイビーとホワイトですので、同じようなモノトーンの展開ということですね。
色合いも立体感のあるデザインになっているので、iQOSやgloの見た目に引けを取らないかっこいいデザインになっています。

ブラックはシックなマット感の強い印象で、ホワイトはパーツのような艶やかな印象を与えます。
洗練されたスタイリッシュな丸みが人気を呼びそうな仕上がりになっています。

 

EFOS E1(イーフォス)を使用したレビュー!

EFOS E1を実際に使用したらどうなのか、気づいた点、感想などをまとめてみました。

efosパッケージ

EFOS E1(イーフォス)キット内容

EFOS E1キット内容

EFOS E1(イーフォス)キット内容

  • EFOS E1 本体
  • USBケーブル
  • ポーチ
  • 取扱説明書
  • 保証書

 

2つの動作モード(低温・高温)の利便性は?

EFOS E1には、低温モードと高温モードの2つのモードに切り替えが可能になっています。

この画期的な機能はiQOSなどの他の加熱式電子タバコには備わっておらず、より美味しくヒートスティックを味わうことが出来るので、EFOSの目玉機能と言っていいでしょう。

それぞれの好みに合わせて動作モードを変更して味わうことができ、ヒートスティックの楽しみ方が広がるのでとても良いですね。

低温モード

低音モード時

初期段階が低温モードなので、そのまま使用して貰えば低温モードです。
低温モードで吸ってみた感想は、iQOSにかなり近い味わいです。iQOS、gloの加熱温度とほぼ同じ温度なので、普段通りのヒートスティックの味と香りを楽しむことができました。

後ほど説明しますが、高温モードはかなりリアルなタバコに近いキック感があるので、それが苦手な人はこの低温モードで使用するといいでしょう。

その他に感じたメリットですが、iQOS特有の「焦げ臭さ」が比較的少ないです。あのiQOS特有の臭いは吸っている本人は慣れてきますが、周囲には苦手な人もいるのでEFOSでは周りに配慮が出来そうです。

高温モード

高音モード時

一気に加熱して温度を高めた状態が、高温モードです。

実際に、ヒートスティックの葉を高温で加熱することで通常よりも深く、濃い味わいを楽しむことができます。

どうしても、お酒を飲む場では本家iQOSでは物足りない気持ちだったので、本物の紙タバコ味が好きな私にはかなり満足です。キック感は本家のiQOSより上でしょう。

吸いごたえがありパンチが効いており、リアルなタバコに近い感覚です。多少雑味も感じられましたが、たいして気にならないレベルです。

紙タバコに近いガツンとした味や香りが欲しい時に高温モードに切り替えて使用する方がかなりおすすめです!

このように気分で本体自体で味が変えられるのは嬉しい仕様です。

EFOS E1(イーフォス)の使用手順・充電方法

使用手順

①まず始めにスティックホルダーの蓋をスライドして開けます。

②ヒートスティックをホルダーに入れます。

③電源ボタンを連続で3回押す(1.5秒以内に)と電源が入り、電源ランプが緑に点滅して本体が振動し予熱が始まります。

低温モードと高温モードの切り替え方法

電源が入っている状態で電源ボタンを3秒長押しすることでモードの変更ができます。低温モードは電源ランプが緑で、高温モードでは電源ランプは赤く点灯します。

低音モード時

高音モード時

④約35秒で予熱が完了します。本体が1回振動し、電源ランプ点灯。これで吸引の準備完了です。

⑤使用終えたら、ヒートスティックを取り出し蓋を閉めます。

EFOS E1(イーフォス)の充電方法

efos e1充電充電方法はいたって簡単です。付属のMicro USBケーブルを使って充電アダプタなどにさして充電します。

EFOS E1は2A急速充電が可能なので、1A充電にしか対応していない他のiQOS互換機に比べると充電時間が短くなります。

2A急速充電の場合充電が完了まで約70-75分ほど、1A充電の場合だと約2時間かかります。

写真の通り、充電の進み具合は、側面のLEDインジケーターで確認できます。

みんなの口コミや評判まとめ

30代男性
アイコスよりも性能的には上のように感じます。
製品寿命は1年以上ありますので、長持ちだし味が変えられるので飽きが来ません。
デザインに関しては角張ったアイコスよりも丸みを帯びていたほうが好きという方なのであれば気にいると思います。
20代女性
アイコスはケースが何度も壊れてしまい、嫌になってEFOSに乗り換えました。
アイコスより安いし、性能もいいように感じます。
飲み会の席など、続けてヒートスティックを吸いたくなる時もストレスなく吸う事ができる点も、EFOSにして良かったという点です。
ただ充電がUSB接続なので、平行のコンセントから充電できるようなアダプターが付属するともっといいと思いました。
40代男性
EFOSにして一番良かった点は、やはりモードの切り替えでしょうか。
低温モードでもアイコスやグローより、ロースト感があるのに高温モードだともっと燻された感がでてかなりスモーキーな味になります。
好き嫌いは分かれそうですが、このスモーキーさは他の機種や紙巻タバコですら出せないと思いますので、非常に稀有な味です。
私はデザインはアイコスの方が好きなので、その点は残念です。
30代女性
常に持ち歩くものなので、気に入ったデザインのものに出会えて良かったです。
味もアイコスより美味しいし、1年間仕様していますがまだまだ全然使えそうです。
メンテナンスも面倒な事がなく安価なので、また購入したいです。
60代男性
昔の携帯電話みたいで、飲み会の席で話のネタになります。
ボタンひとつで使用できて、年配の私でも簡単に扱う事が出来る点が非常に助かっています。
アイコスがもっと美味しくなった印象で、紙巻タバコとアイコスの中間の印象です。
吸いごたえも十分で、タールが入っていない分朝の目覚めが良くなりました。
孫がシールを貼られてしまったのですが、デザイン的にも気に入っていますし、メンソールが苦手な私でもこれだけスモーキーな味なら続けて使っていきたいです。

 

最後に

ここまで、EFOSについて述べてきました。少しでも参考になりましたでしょうか?

iQOSよりも吸いごたえがあると評判のEFOSですが、その理由としてヒートスティックの加熱処理の仕方があったのですね。

好き嫌いはあると思いますが、アイコス、グローで物足りなさを感じている人には特にお勧めです。

iQOS互換機のの中でも特に味重視で選ぶのなら、EFOS E1は試してみる価値はあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です