ニコチンゼロNICOLESS(ニコレス)に新フレーバー「オレンジメンソール」登場!

禁煙に更に踏み込むため今注目を集めているのが、ノンニコチン(ニコチンゼロ)。そのヒットの先駆けとして販売されたのが、「NICOLESS(ニコレス)」。

ご自身の健康のことや、改正健康増進法も始まったこともあり、紙巻きタバコから加熱式タバコに切り替えた方も多いのではないでしょうか。

加熱式タバコは発がん物質を含んでいるタールの摂取量は少なくなりますが、依存性を伴うニコチンは変わらず摂取しています。

そこで”タバコをやめるのではなくニコチンをやめる”をコンセプトにしたNICOLESS(ニコレス)は、2019年に登場してから売れ行き良好で、メーカー公式によるとAmazonと楽天で売れ筋ランキング1位を獲得され、なんと「15秒に1箱売れてる」そうで、現在までに450万箱も売れている人気商品です。

NICOLESS(ニコレス)

アイコスなどの加熱式タバコに使用されるスティックは、タバコ葉を加熱してニコチンを含んだ蒸気を発生させますが、そのタバコ葉の部分を、紅茶葉に変更することで、ニコチンレスの蒸気を作り出すのがNICOLESS(ニコレス)の特徴です。

ニコレスに使用されている紅茶葉は、紅茶の産地として有名な中国、福建省産の上質な茶葉を使用しているそうです。

一般的なタバコと違って、ニコチンが一切入っていないため、実質的に禁煙することが可能で、加熱式タバコ特有のニオイも軽減されています。

そして、使用するデバイスは「グロー」や「プルームテック」を除いて、「アイコス」やアイコスの互換機、「パルズ」などでも使用可能で、20本入り1418円(税込)とコストパフォーマンスも魅力的。

通常のタバコは、11500×30日=15,000円ですが、ニコレスは11418×30日=12,540円と、月2,460円節約でき、年間だと29,520円も節約することができます。

増税後の「マールボロ・ヒートスティック」は550円(税込)ですので、差額132円はかなり安く感じますよね。

ニコレスの販売店ですが、最寄りのマツモトキヨシやビックカメラなどのドラッグストア、最近だとコンビニでも購入可能です。

NICOLESS 「オレンジメンソール」発売開始

これまでのニコレスの種類は、吸いごたえと刺激のある味わいの「NICOLESSメンソール」に、清涼感バツグンの「NICOLESSミント」でしたが、20209月に追加されたのが「NICOLESSレモンメンソール」です。

「レモンメンソール」は、やはり紅茶葉とレモンの相性も良く、ミント感も加わっていて、ほどよく清涼感ありフレッシュな味わいです。

そして、4つ目のフレーバーとして登場するのが「NICOLESSオレンジメンソール」。

オレンジメンソールは2020121日よりオンラインストアで販売し、202021日より、各地のドラッグストアにて順次販売予定となっています。

オレンジメンソールは、ジューシーなオレンジの香りが華やかに広がるフルーティーな味わいとのこと。

是非試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

NICOLESSはタバコ葉ではなく紅茶葉を使用しているため、タバコではありません。

喫煙している方のサポートとして、口さみしさや気分転換を図るための商品ですので、ニコチンパッチやニコチンガムなどの禁煙補助薬でもありません。

また、メーカー公式によると、ニコチンの他にも健康被害の恐れのある成分については検査し影響がないことが確認されたそうです。

ただし、妊娠中の方や呼吸器系の持病がある方への影響は確認できていないとのことで注意が必要です。

ニコチンの影響で、脳に快楽を生じさせるドーパミンが放出され、頭がすっきりしたり、リラックスする感覚が出てきますが、体内のニコチンが切れたときにイライラする、集中できないなどの症状が現れるために再びタバコを吸いたくなります。

繰り返すことで喫煙が辞められなくなりニコチン依存症になるわけですが、喫煙の行為自体も習慣的依存がありますので、この「NICOLESS」に置き換えることで、楽に習慣を改善できそうですよね!

本気で禁煙を考えているけど、禁煙外来や禁煙補助薬の使用に不安がある方は是非試してみてはいかがでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です