アイコスは禁煙レベル?アイコス「有害物質大幅減」の臨床結果!

アイコスなどの加熱式タバコは、一般的なタバコと比較すると有害物質が少ないところが大きな特徴だと言われています。

ただ実際に一般的なタバコと比較して有害物質が少ないのかどうか、疑問視する声も少なくないようです。

そこで今回は、アイコスの有害物質に関する臨床結果から加熱式タバコの安全性について解説していきます。

 

アイコスはなぜ有害物質が少ないのか

アイコスが有害物質が少ないと言われている理由は、従来のタバコと違って「過熱している」ところにあるとされています。

従来のタバコは紙巻きタバコと呼ばれていて、タバコの葉っぱが露出している部分を燃やすことによってニコチンを蒸発させるという方法で吸われています。

こうするとタバコの内部に含まれている有害物質も一緒に蒸発してしまうため、吸っている人はもちろん排出される煙の中にも有害物質が多量に含まれているので周辺にいる人たちにも悪影響を与えてしまうのです。

それに対してアイコスなどの加熱式タバコの場合はタバコの葉っぱを加熱しているだけなので、タバコが燃えることもニコチンなどの有害物質が蒸発することもないと言われています。

こうすることによって有害物質の発生を大幅に減少させることができると考えられているほか、アイコス専用のタバコにもニコチンをはじめとする有害物質があまり含まれていないので安全に喫煙できるとされているのです。

 

アイコスの臨床結果はどうなっているのか?

アイコスを販売しているフィリップモリスジャパンは、2018年4月にアイコスの臨床検査を行っています。

内容としては主に受動喫煙に焦点を当てた内容となっていて、レストランなどの飲食店で被験者がアイコスを使用しながら飲食をすることによって大気中にどの程度の有害物質が発生するのかというものです。

臨床実験はおよそ400人の男女を対象として実施されたそうで、中には紙巻きタバコの喫煙者や非喫煙者なども含まれています。

その結果としては、アイコスを喫煙しながら飲食をしたとしてもレストラン内の大気中に有害物質はほとんど発生しなかったとしています。

有害物質そのものの濃度も変わらなかったとされていますし、被験者の体内の有害物質の濃度も高くなっていなかったという結果が出たようです。

このような結果から、アイコスによる受動喫煙被害のリスクはほとんどないという結果と有害物質がほとんど発生しないという結果が発表されました。

さらに本社であるアメリカのフィリップモリスでは莫大な資金を投じた臨床実験を複数回繰り返したところ、アイコスに含まれている有害物質は紙巻きタバコよりもおよそ90%少ないとしています。

 

有害物質が全く含まれていないわけではない!

ここで注意しておかなければいけないのが、臨床結果によってアイコスの有害物質の量は紙巻きタバコよりも少ないと証明された点です。

これはあくまでも従来の紙巻きタバコよりも含まれている量が少ないというだけで、有害物質が全く含まれていないという結果ではありません

つまり多少なりともアイコスにも有害物質が含まれているということになります。

実際にアイコスには、紙巻きタバコと同じくニコチンや一酸化炭素などの有害物質が含まれています。

このためアイコスを使用することで、喫煙者やその周辺にいる人たちは微量ではありますが有害物質を体内に摂取してしまうのです。

紙巻きタバコよりはかなり微量になったので数本程度であればほとんど健康被害はないと考えられていますが、吸う量や本数が多くなればなるほどリスクは高まっていくので注意が必要です。

ただ紙巻きタバコよりは体内に蓄積していく有害物質は少ないので、ヘビースモーカーなど喫煙する頻度が高い人ほどアイコスに変えた方がいいと言われています。

 

現在でも臨床実験は続けられている

このように安全性を訴える臨床結果が発表されたことによって、アイコスの市場は世界中はもちろん日本国内でも徐々に広がっているとされています。

特に有害物質の少なさから紙巻きタバコと違って飲食店での使用も可能となるのではないかという期待が寄せられており、多くの喫煙者に希望を与えていると言います。

また結果が出てもアイコスの臨床実験は続けられているようで、今後も有害物質がどの程度発生しているのかどうか、その安全性は維持されているのかどうかなどが研究されています。

これによって新しいアイコスが発売されたとしても健康被害の有無をしっかりチェックしてもらうことができますし、加熱式タバコ全体の安全性が常に確認されていると言えるのです。

このような取り組みもアイコスの安全性を評価するポイントとなっていて、有害物質に対する不安要素を払しょくしてくれていると高く評価されています。

 

最後に

加熱式タバコの代表格として知られるアイコスは、度重なる臨床実験によって含まれる有害物質の少なさが証明されています。

全く含まれていないというわけではないので注意は必要ですが、かなり微量になっているので本数によってはほとんど影響がないと言われています。

自分や周囲の人たちへの健康被害を考慮するのであれば、アイコスを利用するのがおすすめです。

 

⭐最新iQOS(アイコス)⭐

通販最安値9,190円(送料込)で購入出来ます

⭐最新iQOS(アイコス)ケースでカスタマイズしよう⭐



iQOS互換機の最新人気ランキング【2018年度版】徹底比較!最強のアイコス互換機はどれだ?

2018.08.24

iQOS(アイコス)故障!赤点滅・赤点灯の直し方&正しいリセット方法とは?

2018.07.02

IQOS(アイコス)が7,980円で購入可能に!アイコスユーザー500万人達成記念に大幅値下げ!

2018.06.09

iQOS(アイコス)の育成ゲームコンテンツがLINE公式から登場!育て方・遊び方・使い方!

2018.05.23

iQOS(アイコス)どのヒートスティックが吸いやすいのか・美味しいのか人気おすすめランキング!

2018.05.16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です