プルームテック「低温加熱方式」とは?JTの加熱式タバコ、良いとこ悪いとこ徹底比較解説

加熱式タバコに興味のある人なら、JTが販売しているプルームテックについて興味を持っている人は少なくないでしょう。

プルームテックは同社のプルームの後継製品であり、独自のテクノロジーである「低温加熱方式」を採用しています。

加熱式タバコ使用者や購入を希望している人向けに、良いところも悪いところも含めて解説します。

Ploom TECH(プルームテック)

プルームテックは、日本たばこ産業株式会社(JT)が販売している加熱式タバコです。世界最大のタバコメーカーであるフィリップモリスのIQOSとよく比較されるプルームテック。

プルームテックは同社のプルームの後継製品であり、IQOSより少し後に発売されました。

プルームテックの製品特徴は、粉末状のタバコの葉を仕込んだ専用の「たばこカプセル」をセットし吸引します。

カートリッジ内部のグリセリンなどを霧化させることで、タバコの葉を燃やすこともなく、高温で加熱することもなくタバコの味を出す仕組みです。

このプルームテックに搭載されているJT独自のテクノロジーは「低温加熱方式」と呼ばれています。この低温加熱方式によって、カートリッジ内のリキッドをニコチン混じりの蒸気に変えて、吸引します。

この仕組みによりタバコのにおいの発生を減少させ、空気の汚れや副流煙などを気にすることなく、タバコの味を楽しむことができます。

また、火を使わないため、灰が出ないのも特徴です。灰皿を必要としない新しいスタイルのタバコです。

プルーム・テック・スターターキットにはバッテリーとUSBチャージャー、ACアダプターが同梱されており、専用のたばこカプセルや専用カートリッジなどを揃えれば、すぐに快適に使うことができます。

購入方法については、プルーム・テックのオンラインストアやタバコ販売店で購入できます。

 

プルームテックとIQOSを徹底比較!

プルームテックIQOSは、大手メーカーから販売されていて優れた性能を持っているため、加熱式タバコの中でも特に人気があります。

愛用者の多いプルームテックとIQOSの良いところと悪いところを徹底比較する前に、両者の仕組みの違いについて説明します。

 

プルームテックの仕組み

プルームテックは、カートリッジ内のグリセリンなどのリキッドを蒸気にして、粉末状にしたタバコの葉を入れたカプセルを通すことで、ニコチン混じりの蒸気を吸引できるようにしたものです。

 

アイコスの仕組み

IQOSは、タバコの葉を練ったものを正確に制御された温度の範囲内で加熱することで、蒸気を発生させて吸入を可能にしています。

タバコの葉を加熱しているという点は、プルームテックに比べて、従来のタバコの方式に近いです。

ただし、プルームテックもIQOSも、従来のタバコと違って、タバコの葉を燃やしません。

 

仕組みの違いのまとめ

プルームテックは、IQOSと違い、吸っている途中で中断することができるところがポイントです。

IQOSは1度吸い始めたら、基本的に最後まで吸わなくてはなりません。

IQOSの仕組み上、カートリッジ中心部はかなりの高温まで加熱されているので、そのままポケットにしまうことを躊躇う人も多いでしょう。

もし誰かに呼ばれて喫煙を中断しなくてはならなくなった時、せっかくの1本を無駄にしてしまいます。

しかし、プルームテックは、従来のタバコやIQOSと仕組みが違うため、喫煙途中の状態でポケットに入れておいて、途中から再開することも可能です。この特長は、タバコの費用削減にも繋がります。

また、プルームテックは、直接タバコの葉を加熱する仕組みではないため、ほぼ無臭です。IQOSは従来のタバコにはない特有の臭いもあるため、慣れなくて気になるという人もいるでしょう。そういう人にもプルームテックはおすすめです。

更にプルームテックは、タバコの葉を燃やさないためタールなどの量が低減されています。

タールは歯が黄色くなる原因となる物質ですが、それが少ないため、歯が黄ばむ可能性も従来のタバコに比べれば少なくなっているのです。

その他にも、プルームテックの特長として、灰皿が不要であることがあげられます。タバコの葉を燃やすのではなく、たばこカプセルを使用しているため、吸い殻が存在しません。

たばこカプセルは無臭なので、吸い終わったらそのままポケットに入れておいても問題ないでしょう。

 

以上、プルームテックのメリットを紹介しましたがデメリットと報告されている部分もあります。

 

プルームテックのデメリットとは?

プルームテックの良さを生み出す独自の方式は、メリットも多いですが、デメリットも作ってしまっています。

従来のタバコとたばこカプセルを使う方式は、違いが大きいため、慣れるまで時間がかかるかもしてません。

深く吸うことに慣れている人だと、カートリッジばかりを消耗し、たばこカプセルが余るという現象に繋がります。

ですが、プルームテックに最適な吸い方に慣れてくれば、そういった問題もなくなっていきます。

トータルで見れば、プルームテックの方を好む人が多いでしょう。

 

最後に

プルームテックはJT独自のテクノロジーである低温加熱方式を使用しています。それは従来のタバコとも、IQOSなどの新しい方式のタバコとも違うものです。

専用たばこカプセルを使用するその独自の仕組みゆえに、においが少なく、灰皿を必要としないなどのメリットが多数あります。

その性能はIQOSなどと比較しても劣るものではありませんので、プルームテックを好むユーザーも日々増えているようですね!

気になっている方は、一度試してみるのもオススメです!

 

🌟最新Ploom TECH(プルームテック)最安値で購入出来ます🌟

⭐️Ploom TECH(プルームテック)専用ケース⭐️

新型プルームテックが年末に発売開始!進化した「高加熱式」解説します!

2018.07.26

プルームテック「低温加熱方式」とは?JTの加熱式タバコ、良いとこ悪いとこ徹底比較解説

2018.07.26

【厳選】プルームテックの一番人気おすすめケースをご紹介!

2018.07.26

限定プルームテックが登場!新5色バッテリーの抽選予約申込の方法

2018.07.14

新型プルームテック3タイプが登場!3種類の新型モデル比較【高加熱・煙量増・通常】

2018.07.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です