加熱式タバコの口内環境への影響は?アイコスは歯周病の原因になる?歯茎の痛みや口臭の原因




一般的な紙巻きタバコは口内環境に悪影響があるということは良く知られています。

口内環境でまず第一に口臭が強くなります。また、歯科衛生の分野からみると歯周病の原因になりやすいとも言われています。

一方で、最近では加熱式タバコを吸っている人も良く見かけるようになりました。

この加熱式タバコは紙タバコに比べると有害物質が少ないというイメージがありますが、実際口内環境に及ぼす影響も少ないのかをまとめてみました!

 

そもそも加熱式タバコと紙タバコと何が違うのか

加熱式タバコとは、簡単に言うと火を使わない新しいタイプのタバコです。

ライターで火をつけて吸うのではなく、本体に充電をしてヒートスティックと呼ばれる一般の喫煙では紙巻きタバコに当たるものをセットし、スイッチを押すことで自動的に加熱がされ喫煙が可能になるもののことです。

燃やさないので吸って吐いたときには煙ではなく水蒸気が出ます。

煙が出ないことで周囲の人への副流煙による害が紙巻きタバコより少ないという点でも近年注目されています。

電子タバコと呼ばれることもありますが、その中でもニコチンが含まれているもののことを指します。

種類で言うとアイコス、グロー、プルームテックなどが代表的な加熱式タバコです。

今回は一番有名でユーザーも多いアイコスを例にとってお話していきます。

アイコスはタバコなので勿論ニコチンは入っているのですが、一番の特徴は紙巻きタバコに含まれている「タール」をはじめとした有害物質が9割カットされているという点です。

※タールとは、物質(=タバコの葉)が熱分解(=燃える)されるときに発生する茶色く油っぽい液体です。

 

喫煙が口内環境に及ぼす影響とは?

まず良く言われるのは「口臭が強くなる」ということです。タバコを吸うとまずニコチンや一酸化炭素の作用で血流が悪くなります。

血流が悪くなると唾液の分泌量も減り、唾液にはもともと悪い細菌をやっつける効果もあるのでそれが出なくなるということは口内細菌に対する抵抗力が弱まってしまうということです。

その結果菌が口腔内にそのまま居座ってしまい、歯周病に繋がるのです。

けれどニコチンよりもっと怖い物質があります。

それが、「タール」です。紙巻きタバコのパッケージには「タール〇mg」と記載がありますよね。

「吸ってるタバコ何ミリ?」「8ミリだよ」と、この会話の「8ミリ」というのがタールの量です。

タール量が少なくても本数を多く吸えば同じですが、一般的にはミリ数が大きければ大きいほど健康への影響は大きくなります

このタールは俗に言う「ヤニ臭さ」の原因となる物質で、発がん物質として有名です。

このタールがタバコを吸うことにより歯や歯茎にべっとりと付き、歯磨きをしてもなかなか取れません。

段々と歯の色は黄色く、歯茎の色は紫っぽくなっていきます。

こうなってくると歯周病になってしまうのも時間の問題で、歯茎の痛みは歯周病の初期症状の可能性があります。これらが口内環境に対する紙巻きタバコの代表的な害です。

 

アイコスが口内環境に及ぼす影響

アイコスなどの加熱式タバコはあくまでもタバコなのでニコチンが含まれてます。

なので非喫煙者と比べると血流障害など多少なりとも口内環境に対する影響はあります。

しかし製品にもよりますが紙巻きタバコに比べるとタールをはじめとした有害物質を9割カットできているという大きなセールスポイントがあります。

ゼロにはなっていませんが9割というのは画期的ではないでしょうか。

まずタールがほとんど含まれていないことで歯自体があまり汚れず、煙が出ないことで口臭がつきにくいです。

口臭が減るだけでも随分気楽になるのではないでしょうか。

周りの人の反応も良くなるかもしれません。

また、出るのは煙ではなく水蒸気なので、吸っているときの煙たさを感じにくいのもポイントです。

 

喫煙で口臭に悩んでいる方は加熱式タバコへ!

タバコというのは長年吸っている人ならわかると思うのですが、身体に悪いとはわかっていても食後の一服、リフレッシュの一服…となかなか辞められるものではありません。

しかし、喫煙スタイルは選べる時代になりました。

一番手っ取り早いのが喫煙具を変える方法です。

同じタバコでも少しでも害が少ないものがあるのであればそちらを選びたいですよね。

紙巻きタバコを吸っていて健康面や口内環境に対して不安がある人はこの際加熱式タバコに乗り換えるのもありではないでしょうか。

既に加熱式タバコに乗り換えた人は気になるタールが大幅にカットされているということだけでも前のように紙巻きタバコを吸い続けるよりは安心感があると思います。

各種加熱式タバコのフレーバーは使用者の増加に伴いかなり増えてきているので気分によって味を変えるのも楽しみ方の一つです。

加熱式タバコに移行しても喫煙者ということに変わりはないので気になるのであれば歯磨きや歯科での定期健診など口腔内の健康には気を遣う必要があると思いますが、吸うのを我慢せずストレスフリーに暮らせるというのが大きなポイントだと思います。

 

最後に

加熱式タバコが口内環境に及ぼす影響は普通の紙巻きタバコよりも少ないと言えます。

今まで、「喫煙」というと身体に悪くて当然というふうに扱われてきましたが時代は変わりつつあります。

加熱式タバコもタバコなので害がゼロというわけにはいきませんが、口内環境に悪影響を及ぼす有害物質が随分カットされているというのは大きなメリットではないでしょうか。

吸いすぎには注意しつつ、アイコスをはじめとした加熱式タバコをリフレッシュのお供にしてみるのもいい選択かもしれません。


電子タバコで禁煙成功!特性・利点を徹底解説!成功事例・実感症状は?

2018.07.14

加熱式タバコで「歯茎が痛くなる」のは"タール"が原因だった?!

2018.01.31

TV通販でも大人気!「ポリリンオーラルケアシリーズ」の効果って?

2017.12.27

喫煙者の口臭対策!周囲への配慮とエチケットに気を配ろう!

2017.09.29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です