新型iQOS誕生!iQOS3実機レビュー!不満点が全て解消!

2018年11月15日フィリップモリスから発売となった新型iQOS「IQOS3」
加熱式タバコ一番人気ブランドだけに注目度も非常に高く、発売前からかなり話題となっておりました。
今回IQOS登場以来、初めての大幅なバージョンアップとも言えますので、これまでの不満点など新型でどれだけ解消されてるのかが最も気になるところです。
今回発売日に入手する事が出来ましたので実機にて特徴や使用感を詳しくご紹介します。

新型2機種発表!「IQOS/アイコス3」「IQOS/アイコス3マルチ」連続使用、充電時間短縮

2018.10.23

IQOS3 開封の儀

IQOS3キットのパッケージと内容物

今回購入したのはIQOS3のステラ―ブルー。各カラーごとにパッケージ上部の色が違うようです。

 

開封しました。まるでスマートフォンのようなパッケージです。深みのある鮮やかなブルーで非常に高級感があります。

 

二段目にはクリーニングキット、更に下には充電器関係が収納されてます。パッケージングが非常に綺麗です。

 

セット内容は以下の通りです。

  • IQOS3ホルダー
  • IQOS3ポケットチャージャー
  • USB充電アダプタ
  • USB Type-Cケーブル
  • クリーニングキット(クリーニングブラシ、クリーニングスティック)
  • 取扱説明書

改良されたクリーニングブラシやUSB Type-Cケーブルなど全てにおいて新しくなってます。

 

iQOS3ポケットチャージャーとホルダー

今回最も変わった点ともいえるのがポケットチャージャーの蓋の大幅な改良。トップが開く方式からサイドオープンに変わり、片手でスムーズに開閉出来ます。

IQOSユーザーの不満点のひとつとも言えるポケットチャージャーの蓋が壊れて閉まらなくなる症状もこの方式なら解決できそうですね。

 

ホルダーとチャージャーはマグネット式となっておりますので、逆さにしてもホルダーが落下することもありません。結構強めに降っても落ちないのは安心感があります。

今までのIQOSでは喫煙後にチャージャーでホルダーを充電する際に、接点の接触不良でいざ吸おうと思った時に充電されてなくてガッカリする事もたまにありましたが、マグネット式になったので接触不良による充電エラーも解消されております。

 

IQOSユーザーの楽しみの一つでもあるのが外観のカスタマイズ。2.4 Plusではホルダーキャップのみとなっておりましたが、新型IQOS3はチャージャーのドアカバーがマグネット式で取り外し可能となってますので、別売りのドアカバーを購入することで自分だけのカスタマイズを楽しめます。

 

充電ケーブルはマイクロUSBからUSB TYPE-Cに変更。TYPE-Cは表裏関係なく差し込める点と今後のスタンダードとなりそうな規格でもありますので、これも正常進化とも言えます。

なお、今回からボタンがひとつとなりましたのでよりわかりやすくなりました。
(長押しで電源オン/オフ、1クリックで充電状況の確認)

 

2.4 Plusのポケットチャージャーと比較。若干細くなりましたが、その分厚みは増してます。手の収まり具合はIQOS3の方が良好です。

 

続いてIQOS3ホルダーの方も見ていきましょう。キャップが斜めになりましたが、これはデザイン性だけではなく、ヒートスティックの取り出しやクリーニング後などで再度キャップを取り付ける際に視覚的にも合わせやすくなりました。加熱ブレードの位置を気にせずにキャップを閉じることが出来ます。ブレードの破損防止にもひと役買ってますね。

なお、今回からバイブレーションのパターンが加熱開始時、喫煙可能時、終了前の3パターンで知らせてくれるようになりました。2.4 Plusは何故か喫煙可能時にバイブレーションされないので、いつ吸えるのかをランプで確認するしか無かったのでここも嬉しい改良点です。

 

2.4 Plusのホルダーとの比較。パッと見はあまり変わってないようにも見えます。残念ながら新型と旧型の互換性はありません。チャージャーに差し込む際にも向きを気にする事なく取り付け出来るようになったのは地味に嬉しいですね。

なお、裏に少しくぼみがありますので、テーブルなどに置いた際に転がって落下などの不安などが無い作りになってます。

 

IQOS3充電時間は?

気になる加熱時間ですが、約20秒で喫煙可能となった事から、IQOS 2.4 Plusと何ら変わりはありませんでした。

その代りチャージャーでのホルダー充電時間がかなり速くなってます。公式サイトでは2.4 Plusとの比較で40秒短縮になったと記載がありました。数回試したところ1分40秒〜2分ほどで充電完了になりました。(2.4 Plusは2分半ほど)
最大6分間使用出来るので、喫煙時間2,3分程度からの充電だと、実際のところホルダーのバッテリー残量が残ってた気もしますが、それでも体感的にはかなり速くなってると感じました。

 

さいごに

従来のiQOSでの3大不満点でもある「チャージャーの蓋の破損による不良」、「ホルダーの接点の接触不良による充電エラー」、「ホルダー充電時間」も大幅に解消され、細かい使い勝手も更に向上しましたので、ストレスフリーな加熱式タバコにより近づきました。

IQOS3購入層は恐らく新規ユーザーというよりかは、旧IQOSユーザーの乗り換えが多いかと思われますが、それを踏まえてもIQOS3は間違いなく買いではないでしょうか。

もはや連続使用が出来ないくらいがデメリットに感じますが、同時発売となったIQOS Multiが連続使用可能となっておりますので、使用用途で使い分けるのもアリかと思います。

ついに連続使用が可能に!iQOS 3 MULTI実機レビュー

2018.11.18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です