ニコチンに潜む害とは?体を蝕む有害物質



ニコチンの本当の恐怖

今日はニコチンに潜む害とは?体を蝕む有害物質、ということで考察していきたいと思います。

タバコに含まれる有害物質の中でタールに並んでその存在を知られているのがニコチンです。
今日はその有害物質の特性について基本的なものから紹介していこうと思います。

1.ニコチンの強烈な依存性

ニコチンの特性は何と言ってもその強力な依存性にあります。
タバコの精神的な依存を除くそのほとんどの依存性の部分を担っているほどの強い力を持っています。
直接脳の快楽神経に作用するので本来必要のないニコチンという物質が欲しくて欲しくてたまらなくなります。

その強力な依存性は、麻薬物質のコカインやヘロインに匹敵すると言われています。
アルコールやカフェインと違って適量というものがないのがニコチンです。
少量でも麻薬物質を凌ぐ依存度で人の脳を染め上げます。

禁煙に失敗している人や、タバコ依存症のそのほとんどの人がこのニコチンの依存によるものだと言われています。

そして恐ろしいのは依存症になってしまってからの禁断症状の強さです。
禁断症状の強さはイコールで依存症を抜け出す難易度につながります。

ニコチン依存症の人は血中のニコチン濃度が減ってしまうと激しい虚脱症状に襲われます。そして、激しく脳がニコチンを求めだし、依存者をイライラさせ始めます。

そしてニコチンを摂取することによって、普段の脳に戻っただけなのに、頭がすっきりして活性化されていると錯覚させます。

その実、イライラさせられているぶん人間としてのパフォーマンスは下がっているといえるでしょう。そして、日に日に脳が要求するニコチン濃度は増えていきます。
ニコチンの禁断症状の強さはコカイン以上、ヘロイン未満と言われています。

つまり、データ上ですとコカイン依存症の人の更生よりも禁煙は難しいとされているのです。
昨今の研究によってこういったデータが開示されていく中で世界的に禁煙ブームが起きているのは当然のことだといえるでしょう。

2.ニコチンを更生する物質がそもそも毒

ニコチンを含む煙自体が、そもそも昔から害虫駆除に使われてきたものです。
ゴキブリやネズミの駆除に使われてきたその煙は青酸カリに及ぶほどの毒性だったそうです。

その煙を単純に薄めているのが私たちが吸っているタバコそのものの煙です。
ゴキブリやネズミはその煙でニコチン中毒症になって死んでいったのです。

3.心臓や血管などの循環器系への悪影響

タバコを吸うと代謝が悪くなります。それはニコチンが持つ成分が人間の血管を縮ませるからです。単純に血流が悪くなるので、循環器系、特に心臓にかかる負担が大きくなります。血圧があがり、動脈硬化を引き起こします。
それが末端の冷えを生み出して、新陳代謝自体を阻害してしまうのです。

4.循環器系だけではない体への害

循環器系への害はニコチンの代表的な害の一つではありますが、その他にも様々な弊害がニコチンによって起こり得ます。

その一つが腎臓病へのリスク増大です。

腎臓は体内に取り込まれた有害物質をできるだけ無害なものに変換して体外に排出しようとする人体の中にあるろ過機能を担っている臓器です。体内にニコチンが入ってくると、ニコチンという物質をコニチンという無害物質に変える働きをしてくれます。

しかし腎臓がどれだけ頑張っても、ニコチンをコニチンに変換できるのは取り入れられた80パーセントという研究結果があります。残りの20パーセントは体内にたまり続けることになり、しかもコニチン自体も完全に体外に排出されるのに2週間以上かかります。

腎臓がフル回転で頑張って必死に毒を体外に排出しようとしている中でも、喫煙者はニコチンを取り入れ続けます。排出が間に合わず、新陳代謝の阻害によって体の各部位に悪影響がで続けても、ニコチンの摂取は終わりません。腎臓はその間毎日毎日健気に排出作業を繰り返します。

それでも残ってしまう体内のニコチンによって細胞がダメージを受け続けた結果、とうとう腎臓もその排出作業を辞めざる負えない状況に体が追いやられます。

これが腎不全です。

それ以外にもニコチンを含むタバコの煙は肺がん、食道がん、胃がん、子宮頸がんの直接的な原因として度々取り上げられています。

最後に

ニコチンに潜む害とは?体を蝕む有害物質、として記述してきましたがいかがでしたでしょうか?
もしタバコを辞めようかな?と、思ってこの記事を見ていただけて参考にしてもらえたらうれしいです。
自分のためだけではなく、家族や周囲の人たちのためにも禁煙に取り組んでみましょうね!

初回限定75%OFF!!【プレミアムブレスクレール】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です