VAPE電子タバコMALLE(マール)の特徴は?口コミや評判

今回は、VAPE電子タバコMALLE(マール)の特徴は?口コミや評判、ということで最近話題の電子タバコ、MALLEについて使用感や人気の秘密、気になる口コミや評判などをまとめてみましたので、これから電子タバコの購入を考えている方は参考にしてみてください。

見た目的には、すでに人気電子タバコの代名詞とも言えるEMILIによく似ているMALLE。
非常にスタイリッシュで、一見apple製品のようにも見えます。

VAPEONLYというメーカーが製造していて、MALLE(マール)以外にも電子タバコでいうとARCUSなどを製造しているメーカーとして知られています。

その外見からEMILIと比較されることの多いMALLE(マール)ですが、製造、流通自体も新しいので性能的には完全に上を行っていると言えます。

MALLE(マール)付属品の内容

携帯式充電ケースにタバコタイプの本体が2本ついてきます。
それに、交換用のコイルが2つ付属してくるのは嬉しいですね。

あとはUSBケーブルは付属するのですが、平行コンセントからのトランスは付属してきませんので、iPhoneなどの物を代用することになりそうです。

最後に、付属してくる説明書なのですが、日本語に対応しているページがあるのが安心感があっていいですね。

MALLE(マール)のサイズ

128mm×65mmですので、EMILIよりやや大きいですが、薄さではやや勝っています。

紙巻タバコのボックスが88mm×55mmですので、ポケット、胸ポケットに入れて持ち歩くにはやや大きすぎるかも知れませんね。

重さ的にも10g程重くなってしまいますが、その違いに関しては気になるほどではないでしょう。

MALLE(マール)外観のスタイリッシュさ

外観の大切なポイントの充電ケースはEMILIに代表されるスライドタイプではなく、縦に開くガラケーのような構造になっています。

この蓋自体はバネ式の構造になっていますので、勢いが非常によく気持ちが良いです。
中にVAPEが2本収納されていて蓋をぱかっと開けることで、下から押し上げてくれるので非常に取り出しやすい構造になっています。

こういったおしゃれさの中に細かい気配りが施されているのは嬉しいですね。
材質はポリカーボネートで、仕上がりがとても綺麗で一見、化粧道具のようにも見えますので、女性の方はポーチなどに収納しやすいと思います。

さらに、バッテリーランプも搭載しており、残量の確認が容易になっています。

点滅回数で充電容量が把握できるので、外側にはボタンやスイッチの類が1つもありません。

これはMALLEの非常に大きな特徴の1つで、常にピカピカ点滅している姿が可愛く感じられます。

MALLE(マール)スペックについて

バッテリーの容量は2250mAhです。
入力電圧は5V、入力電流は1Aになっています。

充電自体は側面にマイクロUSBの口が付いていて、そこからの充電になります。

充電は空の状態から満充電まで約3時間ほどかかりますが、普通に使っていれば一日以上持ちますので、大容量と言えるでしょう。

MALLE(マール)スティックについて

タバコタイプのスティックは非常にコンパクトかつスマートにできていて、アドマイザー部分がメタル仕様なのも高級感があります。

特徴として、スティック部にもボタン等のスイッチの類は一切付いておらず、吸引することで自動充電をしてくれますので、非常に使い勝手が良いです。

リキッドの残量もアドマイザー部分のメタル構造の場所に小窓が付いており、確認できる仕様になっています。

MALLE自体が非常にコンパクトな作りになっていますので、リキッドの残量はやや確認しづらいです。
スティック部には小さい穴が開いており、そこがエアホールの役目を果たしています。

スティックを持った時にちょうど指が当たって塞いでしまう位置にあるのでそこは注意が必要かと思います。

吸引口は専用のドリップチップなどを使うわけではなく、そのまま吸引します。

デザイン的にも悪くないので面倒がなくて良いですね。

他の電子タバコと比べても吸引口の構造から汚れが目立ちにくいので、スタイリッシュに見えます。
EMILIと比較すると、全長がやや長めに設計されていますので参考にしてください。

MALLE(マール)リキッドの注入方法について

バッテリーからアドマイザーを回転させて外し、さらにアドマイザーからコイルを引っ張って外すことになります。

コイルの抵抗値は1.5Ωで、かなり小さい設計になっていますので外す際には少し注意が必要になります。
このコイルの小ささが連続で吸引する際の発熱に影響してきますので、連続吸引の際には気にするようにしましょう。

リキッドの注入の際にも、この構造の小ささがストレスになりますので、別途リキッド注入用のニーボトルなどを購入したほうが良いかもしれません。

リキッドをアドマイザーに注入したらコイルを戻してバッテリーに差し込み官僚になります。
コイルにリキッドを染み込ませるのに10分ほど放置してから吸引するようにしましょう。

 

ここまで電子タバコMALLEの基本的な構造と特徴についてまとめてきました。
ここからは、実際に仕様した人たちの口コミや感想をまとめてみましたのでご覧下さい。

MALLE(マール)の口コミ・レビュー

味について

  • 吸いごたえがあって良い
  • タバコタイプのVAPEの中では最高
  • サイズが小さいのもあってヘビースモーカーには物足りない

煙の量について

  • 普通のタバコくらいに出るのでびっくりした
  • 小さい割に煙はすごい
  • 紙巻タバコに比べて多くもなく少なくもなくちょうど良い

ドロー感について

  • 吸った抵抗は結構重いので吸いごたえを与えてくれる
  • タバコの代わりにちょうど良い感じの吸い心地
  • くわえ煙草ができるのが嬉しい

デメリットについて

  • 正直タバコのつなぎ程度にしかならなかった
  • とにかくリキッドが入れづらかった
  • おしゃれだけどヘビーデューティーには使えそうにない

 

最後に

ここまで、VAPE電子タバコMALLE(マール)の特徴は?口コミや評判、ということでまとめてきましたが、参考になりましたでしょうか?

見た目自体はスマートかつスタイリッシュで、省エネ駆動のMALLEですが、そのコンパクトさからの使用感に違和感を持つ方もいらっしゃるようです。

しかし、VAPEを愛用している人の中で、紙巻タバコと同じサイズ感を求めている人も大勢いるとは思いますので、そういった人たちの選択肢にMALLEは確実に入ってくるのだろうなと感じました。

また、完全にニコチン入りのタバコの方からの乗り換えは考えていないという人でも、タバコの合間にタバコと同じサイズ感であるMALLEを使用することによって実際のタバコの本数を減らすことにつながります。

経済面でもリキッドが15mlが1000円程で買えますので、非常に経済的でもあります。
これから減煙、禁煙を考えているのだが、踏み出すことができていない人にはMALLEという商品は非常にオススメの電子タバコになります。

単純にタバコの本数を減らすことができて、健康面での改善や禁煙へもつながると考えられますので上手く活用してもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です