加熱式電子タバコから電子タバコVAPEに切り替えるユーザーが多い理由って?

近頃愛煙家にもお馴染みになってきた電子タバコ。

今回は、これから禁煙に向けて電子タバコへの切り替えを考えている方や、海外で人気のVAPE(ベイプ)を吸ってみたいという方の参考にして下さればと思います。

近年、禁煙に向けて世界的に動きが高まってきています。日本でも2020年の東京オリンピックに向けて、屋内全面禁煙化が取り沙汰されおり愛煙家を取り巻く環境は日に日に厳しいものになってきています。

その中で、完全に有害物質を配したVAPE(ベイプ)が持ち上げられて普及してきたのも自然の流れのように感じます。

そこでよく混同されてしまう加熱式の電子タバコ(iQOS等)と、有害物質を含まない電子タバコ(VEPE)との違いなどを記述していきたいと思います。

電子タバコへの切り替えのメリットや切り替えるべき理由などもまとめていきます。

 

加熱式電子タバコと電子タバコVAPEの違い

アイコスを始めとする加熱式電子タバコと、VAPE(電子タバコ)は一般の方には混同して捉えられがちですが、製品として大きく違います。

まず先に簡単に説明すると

加熱式電子タバコ・・・

タバコの葉を低音加熱し吸引する方法。タールは入っていないが、ニコチンは入っている。

VAPE電子タバコ・・・

液体リキッドを電子加熱し吸引する方法。タール・ニコチンも入っていない。

それでは、詳しい説明を進めていきます。

加熱式電子タバコ

加熱式の電子タバコの代表的な物と言えば、iQOS・glo・PoomTECHなどです。

従来の紙巻タバコの有害物質、主にタールを取り除いてニコチンだけを効率良く摂取することを目的としているのが特徴。

紙巻タバコに比べて有害物質を約9割も低減させることに成功した画期的なアイテムです。

構造としては、タバコの葉燃やさずに低温加熱することでタールの発生を抑えつつニコチンを抽出するという方法です。

日本国内でニコチンそのものやニコチン入りの製品を販売することは薬事法によって禁止されています。
これは加熱式電子タバコにも適用されるものです。

要は、ニコチンそのものを販売しなくとも、タバコ葉を熱することでニコチン成分が発生するので、アイコスなどの製品も販売に制限があるということです。

電子タバコとの違いにおいては、やはりこのニコチンが含有しているかどうかが大きな違いとなります。

電子タバコVAPE

簡単に言うと、水蒸気タバコ。

防腐剤(プロピレングリコール)と保湿剤(植物性グリセリン)をベースに香料付け加えたリキッドを電子タバコ内部のコイルで電子加熱して気化させて吸引することで香りを楽しむための嗜好品になります。

人体へのリスクはゼロではありませんが、特筆するべき有害物質は現状見当たらないのが特徴です。

コイルの加熱によって煙を発生させる点においては加熱式電子タバコとほぼ一緒の構造と言えます。

大きな違いは、ニコチンが含まれていないことに加えて、VAPE(電子タバコ)の方はリキッドを使用しているということが挙げられます。

それでは、本題の何故多くのユーザー達が加熱式電子タバコから電子タバコVAPEに切り替えるのかをメリットをお伝えして参ります。

電子タバコVAPEに切り替えるメリット

紙巻タバコからアイコスなどの加熱式電子タバコに乗り換えた方はタールの吸引率は飛躍的に下げることができても、喫煙依存の大元の原因であるニコチンは摂取し続けることになります。

ニコチンは、タールほどではありませんが摂取し続けることで人体に悪影響が出てきます。

さらにニコチンには、覚せい剤に次ぐような依存度の高い薬品として広く知られているほど強い依存性を持っています。

そのニコチンからの脱却として、電子タバコVAPEは非常に効果的な禁煙方法であることは間違いありません。

タールどころか、ニコチンも含まれていない電子タバコVAPEに切り替えることができれば事実上は禁煙した時と同じような健康状態を手に入れることができます。

電子タバコVAPEに切り替えるべきユーザーは?

タバコは好きだけれども臭いがつくことに抵抗がある

贅沢な悩みではありますが、タバコは吸いたくとも臭いが付くことに抵抗を感じているユーザーは多いと思います。

加熱式電子タバコにしてみても、やはり低温でもタバコの葉を加熱しているとポップコーン臭と呼ばれるよな何かを燻した臭いがすることは避けようもありません。

そんな人には電子タバコに切り替えることで、臭いの問題が全て解決することが考えられますのでオススメです。

ニコチンへの依存は軽度だが手持ちぶたさで口が寂しいシチュエーションが多い

単純に煙を吸い込んで吐き出すだけで満足できるタイプも、電子タバコへの切り替えがオススメです。

ニコチン依存は回復できても、禁煙者を長い期間悩ませるのは、この煙を吸い込んで吐き出すという行為そのものの依存、行動依存だからです。

口寂しさや、煙を吸い込んで吐き出す行為自体をしたいという人には、ぜひ電子タバコへの切り替えを推奨します。

周囲の人の目が気になっている

日々、愛煙家の形見は狭くなっていく一方の現代社会で、周囲の目が気になってしまうという喫煙者も多いのではないでしょうか?

そんな場合にも役に立ってくれるのが電子タバコで、特に副流煙に有害物質が一切含まれていませんし、臭いに関してもリキッドアロマの香りしかしませんので、周囲の人や家族にクレームを受けることも無くなるはずです。

タバコも吸いたいが健康も心配

タバコの害は、大きく宣伝されていることからその実情を知らない人はいないでしょう。

病院の待合室にも喫煙者には耳が痛いポスターが次々に貼られていて、喫煙者自身も強くなってしまう内容ばかりが目に付きます。

その恐れから禁煙ができれば苦労しないのですが、やはりタバコをやめることは簡単ではないですし、健康への配慮も年々気になってきていると思います。

そういったときに、とりあえず電子タバコで置き換えが出来ないか試してみるのも1つの手ではないでしょうか?

リキッド式の電子タバコは先述したように、顕著な有害物質は含まれていませんので置き換えが出来た段階で、禁煙成功と言えるからです。

その場合、健康に配慮するのですから国内生産の安全基準を満たした電子タバコを使用するようにしましょう。

最後に

ここまで、加熱式タバコから電子タバコに切り替える理由をまとめみました。参考になりましたでしょうか?

従来の紙タバコから電子タバコに切り替えるにしても、ユーザーの趣味嗜好によって向き不向きがあることは事実です。

単にニコチン摂取への目的として吸うのであれば、加熱式電子タバコへの移行は難なくできそうですが、電子タバコは全くニコチンが含まれませんので、身体的には完全禁煙となります。

タバコを吸う目的として、ニコチン摂取の為だけではなくタバコに火をつける瞬間が好きだったり、タバコ本来の紫煙が好きだったりする場合もその限りではなく、実際に切り替えられるかどうかは使用してみる他ありません。

ただ、行動依存からくる喫煙に関しては一定の効果があることは事実ですので、本体代が安価な電子タバコからお試しで始めてみてもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です