初心者にお勧め!リキッド式電子タバコおすすめ3選!

電子タバコとは

加熱式たばこに分類されるiQOSgloPloomTECHなどとは仕組みや蒸気の成分が異なっている電子タバコ(VAPE)。

電子タバコ(VAPE)とは、フレーバーで香りが付けられた液体のリキッドを電力で加熱し、発生させた蒸気を吸引して楽しむ器具のことです。 日本国内で販売されているVAPEのリキッドにはタバコ葉が使われておらず、ニコチンとタールが含まれていません。

VAPEは蒸気の香りや味わいを楽しむための製品であり、禁煙や節煙の目的や、リラックスする目的で紙巻きタバコや加熱式タバコを利用したことのない人に使われています。

世界中でみるとVAPEは普及しており、ニコチン入りのリキッドの販売が主流となっていますが、日本ではニコチン入りのリキッドの販売が法律で禁じられているので、厳密にはVAPEは「タバコ」ではありません。なお、本人のみが使用する目的であれば個人輸入によってニコチン入りのリキッドを入手することは可能です。

VAPEの本体にはさまざまな種類があり、特に初心者にとってはどのモデルが自分に合っているのかということが見極めにくいものです。それだけに、本体を選ぶときに気を付けるべきポイントを事前に押さえておくことが大切だといえます。

本体の種類は、リキッドタイプ、カートリッジタイプ、使い捨てタイプという3つのタイプに大きく分けることができます。

リキッドタイプとは

今回おすすめのリキッドタイプは、本体のタンクにリキッドを充填しながら使用するというものです。

リキッドタイプの本体の中にはコイルの温度や煙の量を調節できる機能がついた高性能な製品もあり、自分の好みに合わせて使用できるというメリットがあります。

リキッドを気化させる加熱ユニットであるアトマイザーは、定期的に分解して中を洗浄しなくてはなりませんが、こうしたメンテナンスを入念に行いながら、長期間にわたって愛用できるタイプのVAPEだといえます。

リキッドタイプには、対応しているリキッドの種類が豊富だという特徴があります。

多くのフレーバーの商品から選ぶことができるため、お気に入りの味のリキッドもみつけやすいというメリットがあります。本体の種類についても、初心者向けから上級者向けまで豊富なラインナップが揃っており、特に上級者であれば、本体をカスタマイズしたり、リキッドを調合したりと、自分好みに合わせたい方におすすめがこのリキッドタイプ。もちろん初心者でも安心して使用できる簡単でお手軽な本体も数多くありますので、安心して使用が可能です。

加熱式たばこのように互換性のないたばこスティックは喫煙できないなどありますが、VAPEのリキッドタイプの場合、本体のメーカーと違うメーカーから発売されているリキッドであっても使用することができますこともメリットとして挙げられます。それぞれのメーカーから数多くのフレーバーのリキッドが発売されており、使えるフレーバーの数はカートリッジタイプや使い捨てタイプに比べると圧倒的に多いです。 メンテナンスに手間がかかるという欠点はありますが、リキッドタイプの本体を使っていれば非常に豊富な種類のリキッドから自分好みのものをみつけることができます。

なお、上記の踏まえリキッド式電子タバコのおすすめをご紹介していきたいと思いますので、是非参考にしてみてください。

【2021年前半】リキッド式電子タバコおすすめ3選!

Veco One(ベコワン)

ペン型と呼ばれるデバイスは、シンプルなデザインがほとんどですが、デザイン性の高い「VAPORESSO VECO ONE」は、コンパクトなデバイスでありながらボタンをワンタッチするだけで簡単に喫煙が可能な操作性で、かつ爆煙が楽しめる初心者向けのVAPEとなっています。

燃費が良くリキッドのフレーバー再現性の高いセラミックコイルに対応しており、上級者がサブ機として使用することも多い人気の機種です。

リキッドの補充がしやすいトップリフィルタイプのアトマイザーVECO TANKを搭載しており、リキッドの漏れが殆どないのでアトマイザー単体でもベストセラーになっている商品です。なお、スタータキッドの販売価格は5,500円(税抜)とお手頃な価格設定も人気の1つとなっています。

iStick RIM C(アイスティックリムシー)

中国のVAPEデバイスメーカーEleaf(イーリーフ)が販売しているiStick Rim Cスターターキットは、実際に手に取るとかなりコンパクトなデバイスでありながら、手に馴染む流線形のフォルムが特徴的なBOX型デバイスです。

デバイスのカラーバリエーションも全6種類とお好みのカラーを選んで使用できるのもiStick RIM C(アイスティックリムシー)のメリットの1つです。

バッテリーがパワフルであることも有名で、最大80Wの出力とリキッドが漏れにくい最新のMELO5アトマイザーを標準装備しています。また、手にしっくりくるデバイスでありながら、電源操作・パフ操作・ロック操作などのパフボタン、ワッテージ・設定温度変更などサブボタン、それを確認できる液晶画面が搭載されています。

USB-Cでの充電で、2Aの急速充電も可能であるため、持ち運びするケースが多い人にとっても外出先で安心して使用できるなど、様々なユーザーのニーズに対応できるパーフェクトな1台です。

なお、販売価格は9,900円(税抜)となっています。

eGo AIO(イーゴエーアイオー)

人気が衰えないJoyetecheGo AIO」は、バッテリーとアトマイザーが一体となった、オールインワンタイプでコンパクトなスターターキットです。

VAPEの定番カラーといえば、ブラックやシルバー、ホワイトなどですが、eGo AIO(イーゴエーアイオー)は全10種類と豊富なカラーバリエーションとデザイン性の高いデバイスとして人気のVAPEとなっています。


リキッド充填時やコイル交換時にOPENする上部ユニットには、デバイスとしては殆ど例のないチャイルドプルーフ対応ロックシステムが付きました。AIOはリキッドが跳ね返るスピットバックが多い機種ではありますが、付属のドリップチップにはスパイラルマウスピースを採用し、リキッドの跳ねや漏れを最大限に軽減しております。

また、別売ですが、プルーム・テックのたばこスティック互換ドリップチップを使うと、爆煙のプルーム・テックが楽しめます。プルーム・テック愛煙家の方の中には物足りない吸いごたえなどの意見もみられるため、物足りない方はeGo AIO(イーゴエーアイオー)で使用するのも手段としてあると思います。

なお、販売価格は2,980円(税抜)とこれから電子タバコを使ってみたいな、とお考えの方でもお手軽に手を伸ばしやすい価格設定となっています。

まとめ

VAPEECサイトの販売の他、東京と大阪に実店舗を構える電子タバコ専門店vape studioで試し吸いも可能です。

また、実店舗を構える電子タバコ専門店vape studioでは約50のスターターキットと約250のリキッドを取り扱っているため、電子タバコを検討されている方は、こちらに出向くのもおすすめです。

気になる方は是非チェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です