iQOS(アイコス)の健康被害!タール・ニコチン量を紙タバコと徹底比較!

禁煙を考えている喫煙者の人々にとって、タバコのニコチンやタールによる健康被害を気にしている人も多いのではないでしょうか。

最近、急激に普及し始めた「電子タバコ」はメーカーにより健康被害が少ないと言われています。

その中でも、加熱式タバコ「iQOS(アイコス)」は大きなシェアを取っており、アイコスが本当に健康被害が少ないのか気になっている方も多いでしょう。

今回の記事では、アイコスの健康被害について調べてみました。

 

iQOS(アイコス)の仕組み

アイコスは電子タバコの先駆けとなった電子タバコで、現在は電子タバコの中でも多くのシェアを獲得しています。

この電子タバコはフィリップモリスから販売されているもので、煙が出ずに水蒸気が出ることが大きな特徴です。

アイコスの特徴としては、

  • 有害物質の含まれる量が少ない
  • 火を使わずに加熱式であること
  • 煙が水蒸気であること
  • 匂いがタバコの匂いではないこと
  • 加熱式のため本体が充電式であること

 

通常の紙たばことは違い、開発メーカーであるフィリップモリスの発表によれば、通常の紙タバコよりも有害物質が9割削減されていると発表されています。

その為、その割合にて健康被害も少ないこととなります。

また、タバコで最も健康被害をもたらすと言われる副流煙が出ないことも最大の特徴です。

 

アイコスの最大の特徴

アイコスの最大の特徴は、「加熱式タバコ」であることです。

通常の紙タバコが火をつけて燃焼させるのに対して、アイコスでは火をつけずにタバコの葉を加熱することでタバコの風味を味わえるようになっています。

また、アイコスは煙が出ないことも特徴です。

アイコスを吸っている人は煙を口から吐いていますが、それは水蒸気です。

一般的な紙タバコの場合は葉っぱを燃やすため煙が発生しますが、アイコスの場合は、葉っぱを熱することにより発生する水蒸気を吸うこととなります。

アイコスの場合は、ニコチンは発生しますが、タールは発生しないと言われています。

タールはタバコの葉を燃やすことで発生しますが、加熱しているだけのアイコスではタールは発生しないのです。

その為、アイコスは喫煙者にとってはニコチンだけを効率よく摂取できるツールと言えます。

 

アイコスのニコチン量やタール量は

アイコスのヒートスティックの箱には、ニコチン量やタール量などの記載はありません

なぜ記載されていないかというと、日本ではニコチンとタールの測定方法が国際標準化機構にて定められていますが、水蒸気を発するアイコスは、これまでの測定方法では測定ができないからです。

また、人により吸引力が異なるため、人によってニコチンの摂取量が変わってしまうという特徴もあります。

これらの理由から、ニコチン量の明記がヒートスティックには行われてないのです。

しかし、ニコチン量がどのくらいであるのかは誰もが気になるところ。

喫煙者の感覚的には、JTのメビウスの6mgの紙タバコから、10mgの紙タバコと似たような吸いごたえがあると言われていますので、実際のところアイコスのニコチン量は0.5mgから1mg程度ではないかと言われています。

また、タールについては、タバコの葉を燃やしているわけではないため、発生しません。ですが、測定ができないことを考慮すると完全にゼロというわけにはいかないかもしれません。

 

アイコスの健康被害

では、アイコスは健康被害は本当に少ないのでしょうか。

前述した通り、アイコスはタールは限りなくゼロに近いですが、ニコチンが入っていることは間違いありません

その為、ニコチン依存症になる可能性はあります。

ただし、自信を持って記載できることは、アイコスは紙巻きたばこと比較して、90%の有害物質が削減されているということです。

また、副流煙が出ないために、周囲の人にも迷惑をかけないタバコであるとも言えるでしょう。

アイコスについては、日本でも政府が独自で有害性を研究しています。

政府発表の資料によると、加熱式タバコの発がん性物質は紙巻たばこより低いことが立証されています。

アメリカの米食品医薬品局でも研究が行われていて、米食品医薬品局によると、「加熱式タバコアイコスの有害性は低い」と認め始めています。

尚アイコスの場合は独特の風味はありますが、タバコ臭くならないというメリットもあります。

 

最後に

喫煙者でもアイコスの特性を理解して健康的な体を目指しましょう!

今回ご紹介したようにアイコスは、健康被害が10分の1程度と言われています。また、副流煙がない分周りにも迷惑をかけないタバコとも言えるでしょう。

ただし、加熱式タバコに関する健康被害の明確な測定方法がないのも現実です。

アイコスの特性を理解して、他の加熱式たばこなどとも比較しながらアイコスの特性を理解して健康的な喫煙を目指しましょう。

⭐最新iQOS(アイコス)⭐

通販最安値9,190円(送料込)で購入出来ます

⭐最新iQOS(アイコス)ケースでカスタマイズしよう⭐



iQOS互換機の最新人気ランキング【2018年度版】徹底比較!最強のアイコス互換機はどれだ?

2018.08.24

【最新】iQOSケース・カスタムシール人気ランキング&おすすめ便利グッズ特集!

2018.08.24

iQOSとレンタカーが提携?禁煙車でもアイコスOK!無料貸出サービスも!

2018.08.17

アイコスクリーニング掃除方法とは?専用ブラシと綿棒でIQOSを綺麗に保つ方法!

2018.08.17

アイコスの種類総まとめ!iQOS本体・ヒートスティック種類・限定iQOSも!

2018.08.17

iQOS(アイコス)を実質半額で楽天なら買える?アイコス最安値で買う方法!通販利用の注意点

2018.07.27

海外旅行時の電子タバコiQOSの取扱い方法について【充電・飛行機・紛失防止】

2018.07.26

アイコス離れ阻止対応!問い合わせの改善【お詫びでIQOSホルダープレゼント!】

2018.07.26

iQOS(アイコス)購入後に必ず行う4つの事!登録・クーポン・故障予防等のご紹介!

2018.07.26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です