新型プルームテックが年末に発売開始!進化した「高加熱式」解説します!

自分自身の健康・周りの人への配慮し、加熱式タバコや電子タバコを試してみたい電子タバコに変えてみようと考えている紙巻タバコ愛用者の方は多くなってきています。

しかし、「どれを選べばよいかわからない」と迷っている方も多いはずです。

今回は、代表的な加熱式タバコとの比較を交えて、年末にJTが製造販売する3種類の新型プルームテックのなかでも「高加熱式の新型プルームテック」に注目してみます。

 

代表する加熱式タバコ

加熱式タバコとは、従来の紙巻タバコのようにタバコの葉に直接火をつけないで、タバコの葉を電気で加熱をしてニコチンを発生させる方式のタバコです。

タバコの葉を燃やさないことから、煙の代わりにタバコの葉に含ませたグリセリン類によって蒸気を発生させます。

代表的な加熱式タバコとして、アイコス・グロー・プルームテックがありますが、それぞれの特徴などをみてみましょう。

アイコス

吸うと独特の酸味がある臭気は感じますが、喫煙者にとって違和感の少ないタバコ感を感じさせてくれるのがアイコスでしょう。

味わいという点では紙巻タバコとは別ですが、ニコチンを含んでいるために、吸い込んだ時に喉に感じる圧力が1番強いのがアイコスです。

使用方法は、まずアイコスポケットチャージャーを充電して、そこからさらにアイコスホルダーを充電するという2段階充電方式を採用してます。

アイコスのホルダーに内蔵されたブレードにヒートスティックを差し込み、内部から加熱する仕組みになっています。

1本吸うごとに3~4分の充電時間が必要ですので、連続で吸うことはできません。

グロー

紙巻タバコに比べて副流煙(火をつけたタバコから立ち上る煙)が少なめで臭いも気になりにくく、有害物質も9割程度低減できるという加熱式タバコです。

使用方法ですが、ニコチン入りの蒸気を発生させる方式はアイコスと同じです。

ただし、アイコスが加熱ブレードをカートリッジ(ヒートスティック)の中心に刺すのに対して、グローはカートリッジ(ネオスティック)の周囲から加熱して蒸気を発生させる方式をとってます。

加熱しやすいように、カートリッジが細身になっていて、また、選べるフレーバーが多いのも特徴です。

プルームテック

ですが、アイコスとグローが直接グリセリン類を染み込ませたタバコの葉を加熱するのに対して、プルームテックは、グリセリン類を加熱して蒸気化させた後、タバコの葉を仕込んだタバコカプセルを通過させることによって、ニコチン入りの蒸気にするという、アイコスとグローとは異なる仕組みになってます。

しかも、蒸気発生装置部分もタバコカプセルとセットになっているカートリッジごと交換します。

プルームテックは唯一、断続的な喫煙が可能です。

つまり、吸いたいときに吸いたい分だけ吸えるわけです。

 

現行のプルームテックとの違いは?

現行のプルームテックと高加熱式新型プルームテックとの違いは、文字通り温度が高くなることにあります。

その温度は、代表的な加熱式タバコであるアイコスやグローと同じくらいの温度になります。愛煙家にとってタバコを吸うときに大切なのは吸った感です。吸った感を満たすためには熱量感煙量感が大きく影響します。

現行のプルームテックの売上が伸び悩んでいる背景には、この吸った感の不足があるのも理由の一つと指摘されています。

そこで、吸った感を満たす要因の一つである熱量感を増加させ、吸った感の満足度を上げる目的で販売されるのが高加熱式の新型プルームテックでしょう。

現行のプルームテックは約30℃、それに対して、アイコスとグローは約300℃で約10倍の開きがあがあります。

数値上でも吸った感の不足の理由になるのは明らかでしょう。

さらに、紙巻タバコは最大約900℃にもなっていることから、紙巻タバコから現行のプルームテックへ代えることはなかなか難しいことが予想されます。

こういう視点から、JTが愛煙家への要望に応えるという形で高加熱式の新型プルームテックの販売に繋がったのでしょう。

しかし、現行のプルームテックのメリットは継続されます。

アイコスやグローとの比較でメリットとして挙げられる1カプセルを断続的に吸えることです。

アイコスやグローは、紙巻タバコと同じく、1カプセルを一度加熱したら最後まで吸い切らなければいけないです。

ところが、高加熱式の新型プルームテックは、現行同様、吸うことによって自動的に電源が入り、たとえ1回吸った後でも吸わなければ自動でオフになります。

つまり、1カプセルを吸いたい分だけ吸い、そのあと、また喫煙を再開することが可能になります。

高加熱式の新型プルームテックは、現行のプルームテックの不足部分を改良して、現行の良い部分はそのまま活かした商品になるといえるでしょう。

 

最後に

受動喫煙が問題視され、また、今後さらに喫煙に対する規制が強化されることでしょう。

そういう環境のなかで、紙巻タバコ以外、様々な健康を意識したタバコが発売されてます。

今回は、その中でも年末に販売される高加熱式の新型プルームテックに注目してみました。

現行のプルームテックからメリットを残しつつ、デメリットを改良した商品として新型プルームテックは注目されるでしょう。

🌟最新Ploom TECH(プルームテック)最安値で購入出来ます🌟

⭐️Ploom TECH(プルームテック)専用ケース⭐️

プルームテック「低温加熱方式」とは?JTの加熱式タバコ、良いとこ悪いとこ徹底比較解説

2018.07.26

【厳選】プルームテックの一番人気おすすめケースをご紹介!

2018.07.26

限定プルームテックが登場!新5色バッテリーの抽選予約申込の方法

2018.07.14

新型プルームテック3タイプが登場!3種類の新型モデル比較【高加熱・煙量増・通常】

2018.07.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です