タバコの増税対策に!ヴェポライザー「WEECKE FENIX(フェニックス)」とは?

iQOS互換機として人気の「ヴェポライザー」から販売されている「WEECKE FENIX(フェニックス)」は吸い心地の良さやタバコ本来の美味しさを感じられるといった点で注目を集めています。

今回は「WEECKE FENIX人気の理由」と「なぜ、タバコ増税対策になるか」といった理由を簡単にまとめました。

WEECKE FENIX特徴

「WEECKE FENIX」が他のヴェポライザーと最も違うのが「リキッドやワックスを入れて使用出来るカップが付属している」といった点です。

iQOS互換機・VAPE互換機の両方の役割を1台で担えるといった魅力があります。

WEECKE FENIXは熱風を利用した加熱を行う「コンベクション式」となっています。タバコの葉っぱを直接加熱するコンダクション式よりも加熱ムラが少なく安定した美味しさを楽しめます。

バッテリー容量

バッテリー容量も約2200mAhと大容量で10本程度であれば充電する事なく吸引が可能です。1本吸う毎に充電が必要になるIQOSより使い勝手が良くなっています。

サイズ

本体サイズもタバコの箱より一回り大きい程度で胸ポケットや化粧ポーチ等にもスッポリと入れられるサイズなので持ち運びにも便利です。

 

WEECKE FENIXで吸うタバコが美味しい理由

数種類あるヴェポライザーの中でも「WEECKE FENIX」はタバコの美味しさを楽しめるといった意見を多く見かけます。

iQOSを始めとした他の加熱式タバコ・電子タバコのほとんどは加熱温度が一定です。

しかし、WEECKE FENIXは170°・180°・190°・210°の「4段階の温度調整」が可能となっています。タバコの種類だけではなく、加熱する温度でも大幅に味が変わるので「自分が美味しい」と感じる温度でタバコを楽しめます。

それぞれの温度で異なるLEDランプの色が使用されているといった点も分かりやすくて良いですね。

また、上記でも紹介した通り「コンベクション式加熱」を採用した事で加熱ムラによる雑味や味のバラツキがなくなった事もタバコ本来の美味しさを感じられるようになった要因の1つです。

 

WEECKE FENIXは使い方・メンテナンスが簡単!

WEECKE FENIXは使い方やメンテナンスが簡単で手間いらずといった特徴もあります。

喫煙する際は、マグネットで留められている本体の上部を外し内部の「シャグ」と呼ばれる部品にタバコの葉っぱを入れます。電源を5回押すだけで加熱は自動で開始されLEDが点滅から点灯に変わればいつでも吸引が可能となります。

加熱中に電源を2回押すと温度の変更が出来るのでその際に好みの温度に設定してください。

加熱終了時にはLEDが消灯します。その後は喫煙開始時と同様に本体上部を取り外しシャグ内部のタバコの葉っぱを取り出すだけとなります。

本体購入時にはクリーニングキットも付属していてシャグ内部や本体の細かい箇所までしっかりと掃除が出来ます。

今までのヴェポライザーよりもシャグ周辺が大きく見やすくなっている事もWEECKE FENIXの特徴の1つで、面倒だったメンテナンスを手間なく短時間で済ませられるようになっています。

WEECKE FENIXがタバコ増税対策になる!

タバコが増税した事で毎月かかるタバコ購入費用に困っているという方も多いですよね。タバコ代を軽減するにはタバコを吸う本数を減らす以外にはありません。しかし、WEECKE FENIXはタバコを吸う回数・本数を減らす事なく毎月のタバコ代を抑えられる事で人気を得ています。

その理由の1つとして、WEECKE FENIXは「ヒートスティックを使用していない」といった点が挙げられます。

喫煙時にはシャグに自分でタバコの葉っぱを詰めるので量を調整する事が出来ます。

さらに、コンベクション式加熱のWEECKE FENIXは葉っぱをギュウギュウに詰めるよりも少し緩めの方が美味しく感じるといった点も増税対策に効果があります。

葉っぱの量を減らしても加熱方式や温度調整で喉へのキック感等の吸っている感覚を損なわないのは喫煙者からすると大きな魅力ですよね。

喫煙回数・本数を減らすのではなく、使用する葉っぱの量を調整する事が毎月かかるタバコ代を抑える事に繋がります。

また、ヴェポライザー用のタバコの葉っぱだけではなく販売されている紙巻きタバコの葉っぱも使用可能です。紙巻きタバコをバラバラにする手間はかかりますが1本で最低でも3回以上は喫煙が出来るので紙巻きタバコをメインにWEECKE FENIXを使用するだけでも大幅に購入費用を抑えられます。わざわざ新しく好みに合うタバコを探す手間をかける事なく、今まで愛煙してきたブランドのタバコを楽しみながら増税対策が出来ます。

まとめ

WEECKE FENIXは、今までのヴェポライザーと比較するとよりタバコ本来の味を楽しみながら毎月かかるタバコ代を抑えるといった魅力があります。

紙巻きタバコや加熱式タバコからWEECKE FENIXに乗り換えただけでタバコ代が減ったという口コミも多く見かけます。

毎月かかるタバコ代に悩んでいる方はWEECKE FENIXの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめのiQOS互換機をまとめてみましたので是非ご覧下さい!

iQOS互換機の最新人気ランキング【2018年度版】徹底比較!最強のアイコス互換機はどれだ?

2018.08.24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です