フィリップ モリスから新商品「lil HYBRID(リルハイブリッド)」発売!特徴・仕様・発売場所について

加熱式たばこと言えば「IQOS(アイコス)」をイメージされるのではないでしょうか。そのIQOSを販売するフィリップモリスジャパンから新たな加熱式たばこ「lil HYBRID(リル ハイブリッド)」の販売が発表されました。

製造元は、韓国の大手たばこ企業KT&G製。

フィリップモリスジャパン合同会社とKT&Gの両社は協働に関する合意により、国内の一部エリアで「lil HYBRID(リル ハイブリッド)」の販売を開始すると発表しました。

発売は先行で、宮城県・福岡県で発売開始しました!

lil HYBRID(リルハイブリッド)発売開始!

写真:フィリップモリスジャパン合同会社プレスリリース

2020年10月26日より、宮城・福岡県内のIQOSストア、IQOSショップ(ヤマダ電機 一部店舗)にて価格6,980円で発売します。

2020年11月9日よりIQOSコーナー(ドン・キホーテの一部店舗)や、コンビニエンスストアを含む一部たばこ取り扱い店舗にて発売予定です。

lil HYBRID(リルハイブリッド)デバイスの特徴は?

写真:フィリップモリスジャパン合同会社プレスリリース

  • タバコスティックとリキッドの二刀流が可能に
  • タバコスティックを差し込んだ瞬間に加熱が始まる「オートスタート」機能搭載
  • 専用タバコスティックのタバコ葉が露出していない為、定期的なメンテナンス不要。
  • ディスプレイで残りのパフ数やバッテリー、リキッドの残量が可視化される。

最大の特徴は、ハイブリッドの名の通りタバコスティックの吸いごたえとリキッドによるベイパーの両方が味わえることだと思います。

又、専用のタバコスティックは、Y字型中空アセテートチューブという形状の為、IQOSのようにうまく差し込みできないことがありません。

そして、加熱式たばこはIQOSやグローなどの高温加熱式と、プルームテックのような低温加熱式に分かれますが、「lil HYBRID(リル ハイブリッド)」は、平均加熱温度が160℃のため、高温加熱式でも低温加熱式でもないようです。

本体はフル充電で20本分、1度に3本も連続使用可能です。スティック1本の使用可能時間は、14パフまたは4分20秒のどちらか早いほうとなっています。

専用タバコスティックは3種類と仕様について

写真:フィリップモリスジャパン合同会社プレスリリース

  • スムースな吸いごたえな「MIIX レギュラー」
  • さわやかでフルーティーな「MIIX ミックス」
  • クーリングな爽快感の「MIIX アイス」

タバコスティックの価格は税込み500円で、1箱につき60円のリキッドカートリッジ1個を消費します。

購入方法について

IQOS(アイコス)公式サイト 店舗検索

写真:iQOS公式Instagram

現在のところ全国展開は未定で、オンラインショップなどでも販売しないため、宮城県と福岡県のIQOSストアやIQOSショップに直接行くか、11月9日以降で一部のコンビニやIQOSコーナーでの販売を待つしかなさそうです。

まとめ

加熱式タバコや、電子たばこの普及が進んでいますが、まだまだ紙巻たばこの喫煙者も多いと思います。

しかし、2020年4月に改正健康増進法が完全施行となった関係で、紙巻たばこは吸えないけど、加熱式たばこや電子たばこは吸えるというお店なども増えたことにより、さらに後押しとなりそうです。

専用たばこスティックとリキッドを購入する必要があるため、やや割高に感じますが、たばこスティックとリキッドのハイブリッド電子タバコとなりますのでその吸いごたえに注目です。

 

加熱式タバコ互換機「EFOS E1」もお勧め!

筆者的には加熱温度調整・ブレードレスが特徴な「EFOS E1」もまだまだ対抗馬として勝負出来る製品ではないかと思います!新型の入手が厳しい場合はこちらも検討されるのもアリです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です