【アイフォン専用】禁煙したい人に人気でおすすめの無料の禁煙アプリ

無料でダウンロードすることのできるiPhoneの禁煙アプリをオススメ順に3つ紹介していきたいと思いますので、これから禁煙したいという方や、禁煙アプリを探しているという人は参考にしてみてくださいね。

 

昨今の禁煙ブームに乗って、禁煙アプリ自体もその数が増え続けています。

実際に使用する人にもよりますが、自分の使い勝手にあった禁煙アプリが見つかれば、非常に心強い禁煙の味方になってくれます。

 

今回はiPhone用のアプリを自分のオススメ順で3つ紹介しますが、その前にまず禁煙アプリを使用した禁煙のポイントを押さえておきましょう。

禁煙アプリを使用しての禁煙のポイントについて

禁煙アプリを用いた禁煙方法と言っても、禁煙を補助的に手助けするようなものですので、最後は何と言っても自分の意思のさが大切になります。

そこで、そもそもの禁煙アプリを使用しての禁煙のポイントについておさらいしておきますのでご覧下さい。

  • 減煙は逆効果になり得る。
    禁煙すると決めたなら、スパッとタバコを切り捨てましょう。
  • 禁煙初期ほど副流煙による喫煙衝動が沸きやすいです。
    お酒の席には行かないなど、環境に気をつけましょう。
  • コーヒーやお酒など、タバコとの相性がいいものもできるだけ避けましょう。
    喫煙衝動を自ら進んで沸かせているようなものです。
  • 一本だけが命取りになります。
    復煙した後の禁煙はもっともっとツライものになります。
  • 夜、タバコがなくても安眠できるように、規則正しい生活を心がけましょう。
    健全な肉体に健全な心が宿ります。
  • 激しい喫煙衝動は長くて3分間です。
    ひたすら水をがぶ飲みするなどしてやり過ごしましょう。
  • 喫煙衝動はニコチンの禁断症状です。
    打ち勝つことができないのであれば、薬物中毒者と同じです。ニコチンに自分が操られていると感じたなら、禁煙外来を使用して治療しましょう。

禁煙計画を立てることの大切さ

禁煙を始めると、ニコチンの離脱症状によってイライラが強くなります。

人それぞれなのですが、仕事に支障をきたすまでに精神が安定しないという人は、禁煙を始める時期を考えてみたほうがいいかもしれません。

 

例えば、大型連休前や年末に禁煙をスタートするなどして、初期の禁断症状をプライベートに過ごすことで、周囲への影響を極力抑えるようなスケジュールを組むのです。

禁煙生活に慣れてきたところで、仕事が始められればオフィシャルな環境への影響を抑えられるかもしれません。

強い喫煙衝動を乗り切る方法について

喫煙依存の中には、ニコチン依存の他に代表的な依存として行動依存があります。

口寂しくてついつい喫煙してしまう依存のしかたですね。

禁煙時にはそう言った行動依存には、代替措置を用意しておくと禁煙が非常にスムーズに上手くいく方もいらっしゃいます。

 

具体的には、ミントタブレットガムですね。

あとは、禁煙を成功した自分を毎日想像し続けるような行動も、非常に大切になってきます。

成功のイメージをつかむことが禁煙への近道になります。

 

ここまでは、禁煙アプリを使用しての禁煙の心構えについて記述してきました。

ここから実際にオススメの禁煙アプリとそれぞれの使用感について説明をまとめていきますので参考にしてみてください。

iPhone専用の禁煙アプリ 禁煙生活について

まず最初に紹介するアプリは、iPhone用の禁煙アプリといえば最初に出てくる、禁煙生活」というアプリの紹介です。

使用方法としては、最初にまず喫煙情報の入力から行います。

1日に吸っていたタバコの本数、吸っていた銘柄に入っていた一箱のタバコの本数、そしてその銘柄の末端価格を入力します。

そして、禁煙を続けた際のご褒美をそこで考え、入力します。これで設定が完了します。

その後、メイン画面にはタバコを我慢し続けることで節約されていく金額が表示されます。

刻一刻と貯金が膨らんでいくので、モチベーションの維持に非常に役立ちます。

iPhoneの禁煙アプリ 禁煙階級について

こちらも最近人気の禁煙アプリ、「禁煙階級」です。

禁煙階級は、特にその使い勝手から人気が集まっていて、メイン画面が1画面なので、わざわざいろいろな項目のページを開く必要がなく、非常に男らしい設計になっています。

遊び心としては、禁煙を続けることで階級が上がっていきますが、他の部分は実際に自分が禁煙してきたことによるデータが一覧で出てくるので、振り返りながら禁煙を続けていくことができます。

iPhoneの禁煙アプリ禁煙カウンターについて

 

こちらもシンプルさが売りで人気の禁煙アプリ、禁煙カウンター」です。

こちらも最初に自分の喫煙情報を打ち込むことで、禁煙を続けている状況がメイン画面に表示されます。

禁煙することで浮いたお金が実際に表示されたり、吸わなかったタバコの本数がどんどん増えていく様は禁煙中の精神には、非常に心強いものです

タバコが吸いたい衝動に駆られた際に起動すると、助けられるかもしれません。

まとめ

ここまで、アイフォン専用禁煙アプリ3選、ということでまとめてきましたが、参考になりましたでしょうか?

禁煙アプリを使用して、禁煙を成功させることができたとしても、最初のポイントにも書いたように一本吸ってしまえばスモーカーに逆戻りです。

自身で禁煙に成功したと思っても、ニコチンの依存度というものは非常に強く、簡単なきっかけでフラッシュバックを起こして喫煙衝動が顔を出します。

 

禁煙アプリで禁煙に成功できたら、その後も油断することなく長く続いていく喫煙衝動に負けないように気をつけるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です