ニコチンを含む電子タバコ用リキッドの購入と取り扱いに関する注意

ニコチンを含む電子タバコの購入と取り扱いに関する注意

今回は、ニコチンを含む電子タバコの購入と取り扱いに関する注意とは、ということで、ニコチンを含んでいる電子タバコの利用についてまとめてみましたので、気になっている方の参考にしていただければと思います。

最近は、電子タバコへの課税や規制をめぐる議論が盛んに行われるようになってきました。日本では、薬事法という規制によってニコチン製品やニコチンを吸引できる機器に関しては、輸入規制の対象になっています。厚生労働省の認可が下りるまでは、医薬品や医療機器にあたるとされていて、販売自体も規制されています。しかし、個人使用目的に限る個人輸入に関しては、今現在、規制の対象にはなっていません。

と、いうことで個人で輸入して電子タバコでニコチンを楽しみたいという人向けに記事をまとめました。まず最初に電子タバコのそもそもの法的な扱いについてと、ニコチンリキッドを輸入することになるので、電子タバコへの各国の規制状況や、購入する際の注意点、気になる話題のニコチン入りリキッドの紹介と、今後の電子タバコの法的な動きなども考察していますので、ぜひご覧下さい。

そもそもの電子タバコの扱いについて

日本に関しては、電子タバコの取り扱いはニコチンが含まれているものに関してはそもそも認可されていません。電子タバコ自体は水蒸気を吸引するおもちゃの一種のような扱いになっていますが、ニコチンが含まれている電子タバコが合法の国も多くありますので、各国によって規制の内容が異なってきます。

例えば、EU諸国では、国ごとに規制が違ってきますし、多くの国ではニコチンを含む電子タバコは医薬品として扱われ、規制の対象であり販売許可が必要な商品であるとされています。一方で、そういったニコチン入りの電子タバコでも規制が何も敷かれていない国も存在します。

アメリカでは、ニコチン入りの電子タバコは通常の紙巻タバコと同様の扱いがなされていて、タバコ製品として扱われ、規制も同様に敷かれている状況です。多くの州では未成年への販売や使用は禁止されていて、主要都市部に至っては喫煙禁止地区での電子タバコの使用も禁止されています。特にニューヨークに関しては、ニコチンを含む含まないに関わらず、規制対象になる様で昨今の嫌煙ブームを象徴していると言えます。

EU、アメリカ以外の国を見てみると、シンガポールやブラジルでは電子タバコの製造や輸入、販売は一切禁止になっている厳しい国もあったり、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドではニコチンを含む電子タバコは医薬品として規制されていたりと、本当に国によって様々な対応が取られています。ちなみに、お隣の国の韓国では電子タバコは通常の紙巻タバコと同様に扱われ、規制されていますが、販売や輸入は禁止されていません。

世界各国の電子タバコの規制状況について

  • その1 イギリス
    特別な規制なし
  • その2 ドイツ
    ニコチンもしくはニコチンを含む製品は、医薬品として規制。
  • その3 ギリシャ
    たばこ関連法のもとニコチンを含む製品は、保険省の承認を受けた場合以外、使用は禁止。
  • その4 オランダ
    ニコチンもしくはニコチンを含む製品は、医薬品として規制。
  • その5 スペイン
    特別な規制なし
  • その6 スウェーデン
    ニコチンもしくはニコチンを含む製品は、医薬品として規制
  • その7 フランス
    ニコチン含有量や濃度が10mg、20mg/mlを越える場合は、医薬品として規制。
  • その8 イタリア
    16歳未満での販売を禁止
  • その9 ポーランド
    公告宣伝が規制されている。
  • その10 フィンランド
    ニコチンもしくはニコチンを含む製品は、医薬品として規制、公告宣伝が規制されている。

この様に、各国によって様々で独自な規制が取られているのが電子タバコの現状です。

ニコチン入りリキッドを購入する際の注意点について

今、現状日本国内で電子タバコ用のニコチン入りリキッドを手に入れることは不可能ですので、個人輸入を行って手に入れるしか方法はありません。

しかし、個人輸入は英文でのメールのやり取りが多いなどの、敷居が高く誰でも簡単に行うことが難しい方法です。さらに、電子タバコを輸入した場合、免税の対象が個人使用目的の物品になりますので、購入金額が16,666円までしか免税の対象にならないことを注意して行いましょう。

また、ニコチンを含む商品の輸入での購入量は、個人が一ヶ月で使いきれる量までと制限がかかっているため、その規約に量が明示されているわけではないものの、あまりに大量のリキッドを輸入してしまうと、行政から注意勧告を受ける可能性があります。

ニコチン入りリキッドの原材料について

基本的なニコチン入りリキッドの生成材料ですが、まずニコチン、プロピレングリコール、グリセリン、フレーバーに伴う材料、精製水からできていて、特筆すべきはタール成分が含まれていないことが挙げられます。

ニコチン量に関しては、リキッドによって上下するのですが、プロピレングコールは極めて毒性の低い食品添加物として有名な成分で、コンビニの耐水貨物製品に非常に多く使用されている安心できる材料です。グリセリンも、加熱式電子タバコに使用されていて、マーガリンやシリアルにも含まれている安全性の高い成分とされています。ものにもよりますが、個人輸入で購入する商品ですので自身の安全を守るのは自分自身になります。意味不明な原材料が使用されていたら、必ず調べてから使用する様にしましょう。

ニコチン入りリキッドはどこで買えるのか

先述した様に、基本的には個人輸入でしか購入することができないニコチン入りのリキッドですが、最近では輸入代行を行ってくれる業者も出てきました。

現在は、VAPE.SHOPという輸入代行業者が比較的安心安全に輸入代行を行ってくれるので、個人輸入はハードルが高すぎるという方は利用してみてもいいかもしれません。

人気のニコチン入りリキッド

Dekangシリーズ トリプルメンソール

ハーブエキスが特徴の強力メンソールリキッドです。紙巻タバコでメンソール派だった人には、非常にお勧めできる一品。

HiLIQ キャメル CAMEL

電子タバコで、ここまで紙巻タバコが再現できるものかと、驚かされる商品。キャメルの味をほとんど完全に再現しています。当たり前ですがニコチン入り、タール成分カット済み。

100% EJUICE イージュース メビウス マイルドセブン 30ml

スイスの香料を100パーセント使用していて、アメリカの安全基準をクリアしている安心の一品です。安全性が注目されがちですが、今はなき昔のマイルドセブンが再現されていて、ファンなら一度は吸ってみたい電子タバコリキッドになっています。

電子タバコに関する今後の行政の動きについて

徐々に普及している電子タバコですが、ニコチン入りの電子タバコは日本国内では薬事法に規制されています。近年、世界保健機構が電子タバコに関する報告書を発表して、その中で禁煙の効果と健康被害の少なさを認めました。

しかし、最近発表された報告書においては、ニコチン入りの電子タバコに関しての健康被害の減少や禁煙の効果は未知数だということで報告を棚上げされた状態になっています。専門家の発言などからも、喫煙に対する死亡者数も減らせるという見識も広まってきていて、ニコチンを含んだ電子タバコに対する意見は二分していると言っていいでしょう。

この様に、議論は停滞気味ですが、普及はどんどん進んでいっているので、いずれ日本国内でもニコチン入りの電子タバコに対する行政の対応も変わってくることが予想されます。1日でも早く電子タバコの有効性が解明されて、従来の紙巻タバコとの置き換えが進めば、健康被害が減らせると個人的には考えています。

最後に

ここまで、ニコチンを含む電子タバコの購入と取り扱いに関する注意とは、ということでまとめてきましたが、参考になりましたでしょうか?

ニコチンは、医薬品と同等の扱いをされているために、薬事法によって様々な規制が成されています。そのために、ここまで電子タバコでニコチン入りのリキッドを使用することに際してのハードルが高くなってしまっているのが現状です。

ちなみに、輸入に関しても個人利用に関しては現在規制の対象にはなっていませんが、ニコチン入りのリキッドを販売することはもちろん、他人に譲渡することに関しても薬事法に抵触することになりますので、自己責任のもの個人利用のみの用途で輸入してください。あくまでも、個人で楽しむための目的で個人的に輸入をする必要があることを肝に銘じておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です