タモリ式禁煙法『15秒ルール』って何なの?

タモリ式禁煙法『15秒ルール』って何なの?

禁煙希望者の中でも話題になっている禁煙方法「タモリ式禁煙法」についてみなさんご存知でしょうか?

今回は、そのタモリ式禁煙方法・タバコに依存してしまう理由をまとめてみましたので、気になっていた方は是非参考にしてみてくださいね。

さて、タバコを吸うことは体に様々な影響を及ぼしてしまうことは広く知られた事実でもあります。

そうしたデメリットはわかりきっているのに、なぜ喫煙者である我々は禁煙をすることができないのでしょうか?

そして、禁煙する為のできるだけ簡単でお手軽な方法はないだろうか?

そんな方の為に、タモリさんが禁煙に成功したと言われているタモリ式禁煙法と合わせて紹介していきたいと思いますので、ご覧ください。

タバコがやめられない理由

ニコチン依存症

まずそもそもタバコを辞めることが出来ない理由として挙げるられるのは、ニコチンへの依存があります。

タバコを吸うとニコチンは肺から脳へ迅速に達して、脳に存在するニコチン許容体と結合することでドーパミンを放出します。

ドーパミンは快楽物質ですので、喫煙が快楽感覚と結びついて強い依存が起こります。

この状態が続くと、ニコチンが切れた段階で、人間の脳が禁断症状を起こすようになり、脳が直接ニコチンを要求しだします。

この苦しみから逃れるために喫煙を重ねるという悪循環が起こります。

これがタバコを辞めることが出来ない一番の大きな理由であると言えます。

喫煙が習慣化している

ニコチン依存の他に、喫煙習慣が染みついてしまっている行動依存も存在します。

日常生活の決まったタイミングでタバコを吸ってしまうなどの現象がある人が当てはまる依存で、食後、トイレ中、仕事の合間、運転中、決まったタイミングでタバコに火をつけている人は要注意です。

こういった喫煙依存は単純なニコチン依存とは違い、日常の行動にタバコが関連づけられていることから、置き換え療法での禁煙がオススメになります。

タモリさんも1日60本喫煙するヘビースモーカー

芸能人の中には、ヘビースモーカーの方が多くいらっしゃいますが、タモリさんも喫煙していた時期は1日になんと60本ものタバコを消費していたようです。

1日3箱換算ですので、ものすごい量ですよね。

そんなタモリさんが禁煙に成功したタモリ式禁煙法をこれから紹介します。

タモリ式禁煙法の詳細・具体的な方法

さて、これだけのヘビースモーカーであるタモリさんがどうやって禁煙したのかというと、そこには自身で編み出した禁煙法、タモリ式禁煙法がありました。

以前テレビで放送していた『笑っていいとも!』の2001年の3月7日放送分のコーナーでの小野武彦さんとの掛け合いの中で紹介されていますので、会話を全文記述していきたいと思います。

  • 小野 「タバコ止めたいんですか?」
  • タモリ「いや、もう止めたんですよ」
  • 小野 「あ!偉い!ニコチンワッペン無しで?」
  • タモリ「無しです。知らなかったんです。それ、その時は無かったんじゃないかな?」
  • 小野 「それはすごいですよ」
  • タモリ「1日60本吸ってました。吸って吸ってもう」
  • 小野 「ねえ」
  • タモリ「吸いたいと思ったら15秒数えてたんです

ここまでがお二人の会話の全文になります。

タバコを吸いたくなったら15秒数えていたというタモリさん。

その禁煙法についてさらに詳しく考察していきます。

タモリ式禁煙法は喫煙を我慢する禁煙法ではない

タモリ式禁煙法とは、タバコを吸いたくなった段階で15秒間数えて乗り越えるというかなり簡単な方法です。

どんなひとでも手軽にできそうな方法ですが、本当にこの方法で禁煙することが可能なのでしょうか?

まず、このタモリ式禁煙法を実践する上で気をつけなければいけない点があります。

それは、喫煙欲求時に15秒間我慢するのではなく「15秒間数える」ということです。

似ているようですが、意味合いが大きく異なります。

タモリ式禁煙法は我慢ではなく、自己暗示の一種で15秒間の間にタバコを吸いたい欲求が消えてしまうと思い込むことで成り立っている禁煙方法なのです。

もし、15秒間の我慢が目的になってしまうとあなたはきっと16秒後にタバコに火を付ける運命をたどることになるでしょう。

自己暗示をかけることで喫煙欲求を抑える、自分を騙すということが、タモリ式禁煙法の本質になっているのです。

タモリ式禁煙法でも禁煙できなかった場合

もし、タモリ式禁煙法を始めとする自己暗示の方法で禁煙が難しいようでしたら、最近若年者向けに健康保険の利用範囲が広がって敷居が低くなった禁煙外来の利用や、近代的な機種の度重なるリリースでその人気がうなぎ登りの電子タバコを利用してみるなど、置き換えでの禁煙方法も人によっては非常に効果的です。

あとは、生活習慣を見直したり環境を禁煙向けに整えるだけでも精神的には非常に効果的です。

禁煙方法も、本当に喫煙者の思考によって向き不向きが多分にありますので、自分にあった禁煙方法に出会えるかどうかが、禁煙を本当に成功させるための近道であると言えるでしょう。

最後に

ここまで、タモリ式禁煙法『15秒ルール』って何なの?、ということでまとめてきましたが、参考になりましたでしょうか?

タモリさんの言う15秒ルールの根拠は不明ですが、実際にやってみると15秒間でストレス、焦り、衝動、動揺などの心理的なネガティブな動きが軽減されていくことがわかります。

この方法は古来から伝承するセルフコントロールの方法と全く同じで、深呼吸や瞑想で緊張を解きほぐす心の動きとほとんど変わりません。

タモリさんは無意識に、禁煙をする自分を見つめて、向き合って、精神をコンセントレーションすることで、タバコへの依存を克服したのですね。

タモリ式禁煙法は一見シンプルで簡単な方法ですが、タモリさんが発見、実行しただけあってなかなか奥の深い禁煙方法でした。

禁煙で悩んでいる方は、是非取り入れてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です