成田空港「Ploom TECH (プルーム・テック)専門店」OPEN!免税価格で購入出来る!海外行く時はチャンス!

今回オープンした成田空港の免税エリアにおけるプルームテック専門店ですが、なんと成田空港ではプルームテックのみ喫煙できるスペースまで設けられるとのこと。

その安全性の高さや非喫煙者への影響の無さで再注目されているJTのプルームテック。

その成田空港店の詳細とそもそもの免税エリアの意味や気になる成田空港のプルームラウンジについて、最近の空港事情とプルームテック事情を記述していこうと思いますので、ご覧ください。

 

成田空港のプルームテック専門店の詳細

(参照:JT公式)

成田空港でオープンになったプルームテック専門店についての詳細ですが、オープン日は2018年の3月1日、住所は千葉県成田市成田国際空港第1旅客ターミナル内 中央ビル3階になります。

当たり前ですが住所が成田空港なのが新鮮ですね。

営業時間については、朝8時〜夜20時45分までの営業になっていて免税エリアの開放時間に合わせている形になります。

 

成田空港のプルームラウンジについての詳細

(参照:JT公式)

成田空港のプルームテック専門店のオープンに合わせて、さらに成田空港内にプルームテックのみ喫煙が可能なスペースであるプルームラウンジもオープン予定になっています。

オープン日が2018年3月30日で住所は千葉県成田市 成田国際空港第1旅客ターミナル内 第二サテライト3階になります。

営業時間は、朝8時〜夜20時45分までです。

モスクワの空港にもアイコス限定の喫煙所であるアイコスラウンジがありますので、今後もこういった加熱式電子タバコ限定の喫煙所が増えていく事が予測されます。

 

プルームテックの免税価格

プルームテックの通常価格は4,000円ですが、成田空港の免税エリアにあるプルームショップで購入することで、3,800円の免税価格にて購入することが可能になります。

内容物に関してはプルームテックバッテリー、USBチャージャー、ACアダプター、キャリーケース、となっていて、通常の価格で購入したものとセット自体は全く一緒になっています。

さらにこの免税エリアではプルームテック専用煙草であるたばこカプセルも通常価格より安く購入できるという嬉しい免税価格になっています。

その価格は、通常1カートン4,600円するたばこカプセルをなんと3,700円で購入できるというものです。

プルームテックのたばこカプセルの1カートンは10箱入りで、1箱につきたばこカプセル5本とカートリッジが1本付属していますので、通常の価格で購入したものと内容は同一になっています。

毎日プルームテックを使用しているユーザーにとってこの1カートンあたりの900円の値引きは非常に大きいと思われます。

 

免税エリアとはどういったものなのか?

さて、なぜここまでプルームテックの価格を下げて販売できるのかという、免税エリアのそもそもの説明もしておきたいと思います。

免税エリアというだけあって、プルームテックにかかっている税金が免除されるという仕組みなのですが、プルームテック本体には消費税がかけられていてその分が免除になるせいで200円値引かれています。

一方、たばこカプセルに関してはニコチンが含まれている分にたばこ税がかけられていて、その分が免税処理されるおかげで、900円という大幅な値引きになるわけです。

しかし、ここが最も大きな注意点なのですが、免税店にて免税処理を適用されるには、購入者の出国が必須条件になるため、日本に国籍のあるユーザーが成田空港にふらっとプルームテックを購入しに行ってそのまま自宅に帰る、といったお手軽な使い方ができないのが難点になります。

 

加熱式電子タバコの空港事情について

アイコスの専用煙草であるヒートスティックも以前から空港での購入が可能で、やはり免税価格の3,700円で購入が可能です。

さらにアイコスは本体も免税店限定カラーが存在していて、そのカラーはメタリックブルーでしたので、お土産にアイコスを買えるとのことで一時期話題に上りました。

ただ価格的に免税価格でもアイコスの限定カラーは13,890円もして、国内で買うアイコスの本体価格よりも高値で売られているという本末転倒な事態が起こっていましたので、あまり浸透しませんでした。

現在ではこうしたアイコスの免税店限定商品は外部の免税店の一商品でしかありません。

今回プルームテックが成田空港に本格参入したのをきっかけにその他加熱式電子タバコも参入してくることは自然の流れですので、今後の加熱式電子タバコにおける空港事情にも目が離せませんね。

 

海外旅行時の加熱式電子タバコの取り扱い

空港で気軽に購入できるから、といって海外旅行時に迂闊に加熱式電子タバコを使用するのは推奨できません。

海外は日本よりも煙草に関する法律が厳しい場合が多く、最近ではタイに旅行中だった日本人男性が、路上でアイコスを使用したことでタイ国内で逮捕されるという事件も起きています.

海外での喫煙には十分な知識と注意が必要になります。

また、そもそも飛行機内に加熱物を持ち込むこと自体が非常にグレーな案件になりますので、なにかトラブルが起こる前、機内に搭乗する前に事前にちゃんと申告をしておく事も重要になります。

 

最後に

ここまで、成田空港のプルームテック専門店についてまとめてきましたが、参考になりましたでしょうか?

成田空港のプルームテック専門店についての詳細でしたが、プルームテックはオンラインショップでの販売の他にも8都市での販売が開始されていますし、各プルームショップでは事前予約無しでプルームテックのスターターキットの販売を開始しました。

これから先ますますプルームテックの需要拡大は加速しそうです。

🌟最新Ploom TECH(プルームテック)最安値で購入出来ます🌟

⭐️Ploom TECH(プルームテック)専用ケース⭐️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です