Digiflavor Drop Solo RDAメーカー情報まとめ

Digiflavor Drop Solo RDAメーカー情報まとめ

Digiflavor(デジフレーバー)からDROP RDAの後継機としてDROP SOLO RDAがリリースされます。

爆煙タイプのデュアルコイルドリッパーとして人気のアトマイザーでしたが、後継機のDROP SOLO RDAはSOLOと名前にある通り、シングルコイルのドリッパーとなるようです。

前作からどのような進化があるのか気になるところです。

それでは、早速詳細を見ていきましょう。

Digiflavor Drop Solo RDAの詳細

Digiflavor Drop Solo RDAリアルショット

Digiflavor Drop Solo RDAのスペック

Digiflavor Drop Solo RDAスペック
直径: 22x24mm
重さ: g
素材: ステンレス
コイル: シングル
容量: 2ml
スレッド: 510

Digiflavor Drop Solo RDAの同梱物

Digiflavor Drop Solo RDA同梱品
  • 1x DROP SOLO RDA
  • 1x BFピン
  • 1x PMMA 24mmリング
  • 1x Allen key
  • 1x PMMA ミッドキャップ
  • 1x 510 ドリップチップアダプター
  • 1x ドリップチップ
  • 1x PMMA トップキャップ
  • 1x マニュアル
  • 1x 予備パーツ

Digiflavor Drop Solo RDAはDROP RDAのシングルコイルバージョン

最近の人気デュアルコイルRDAは発売してしばらくするとシングルコイルバージョンがリリースされる流れがあります。
Dead Rabbit RDAやNudge RDAなどがそうですね。
最近はシングルバッテリー仕様のスコンカーで人気のあるMODが多いことを考えると理にかなう流れでしょう。
デュアルよりシングルのほうがパワーを必要としないのでシングルバッテリーには適しています。
トップキャップは2種類、24mmのPMMAビューティーリングが付属しており、外観を変えて楽しむことができます。
値段も手ごろで手の出しやすい価格帯なのでシングルコイルのRDAをお探しの方は試して見る価値はあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です