プルームテック海外進出?! JT新社長がグローバル化に挑戦!

時代の移り変わりの中で健康や環境に配慮した新たな喫煙の方法として加熱式タバコの需要が増加傾向にあります。

紙巻タバコ大手のJTでも「プルームテック」と呼ばれる加熱式タバコの製造、販売を行っていて、新たな戦略として始められているのがグローバル化です。

そこで今回の記事では、プルームテックの魅力と共にグローバル化の戦略について詳しくご紹介します。

プルームテックの概要

プルームテックとは国内のタバコ製造業者の大手のJTが製造販売している加熱式タバコです。

一昔前であれば日本でタバコと言えば紙巻タバコが主流となっていました。しかし、時代の移り変わりによって健康志向が高まる中で、副流煙による周囲への影響などで紙巻タバコの需要が徐々に減ってきているのが実情です。

そこで新たなタバコとして開発されたのが加熱式タバコのプルームテックになります。

この製品の大きな特徴の一つが構造で、従来の紙巻タバコが葉っぱを燃やすのに対して、プルームテックは熱して水蒸気を発生させる仕組みです。

これにより、タールが発生することもなく喫煙者はもちろん、周囲の人間や環境に配慮もできる点が注目されて発売開始と同時にまたたくまに大ヒット商品となりました。

紙巻タバコから乗り換える人だけでなく、新たに喫煙を始める人でもプルームテックを選択するケースも多く、今後もさらに需要が伸びていくと言えます。

 

プルームテックが人気となっている理由

プルームテックが喫煙者に人気の大ヒット商品となった理由の一つが手軽さと価格設定です。喫煙者が懸念するポイントの一つとして費用面の負担が挙げられます。

購入のペースは個人によって若干の違いはあるとはいえ、買い続けていくための費用の負担は全ての喫煙者に共通する頭を悩ませる問題の一つでしょう。

実際にこれまで紙巻タバコの増税は定期的に行われていて、不景気による収入の減少などで負担が大きくなったことで禁煙を検討する人も増えているのが実情です。

それに対してプルームテックを始めとした加熱式タバコは、紙巻タバコに比べて税率がかなり低く設定されていることで購入者の負担が少なくて済むのが特徴になります。

商品の特性上、最初に本体を購入しなくてはいけませんが、この本体は使い続けることができるのでそれ以降はカプセルとカートリッジを購入するだけです。

これらは一般的な紙巻タバコを一箱買うよりもリーズナブルな値段設定となっているので、1日の喫煙の頻度が多い人でも負担が少なくなるのです。

吸い方も本体にカプセルとカートリッジを組み合わせてボタンを押すだけの簡単操作で誰でも気軽に利用できるのも魅力です。

火を使わない安全性や、紙巻タバコによくある収納時に箱を潰してしまう心配がない携帯がしやすいコンパクトな専用ケースなども人気の一つと言えます。

 

世界を視野に入れた市場の拡大

プルームテックの製造、販売を行っているJTが今後の展開として目指しているのがグローバル化です。

JTは1985年の創業以降、紙巻タバコの販売で世界有数の企業に成長を遂げていき、現在では世界120ヶ国に進出していると言われています。

この躍進は10年以上のヨーロッパのさまざまな国で市場を拡大してきた社長の力による物と言っても過言ではありません。

このように紙巻タバコが世界的に高い評価を受けているのに対して、プルームテックはまだ世界の国に認知されていないのが実情です。

そこでJTは、本格的に世界に進出するために発売開始以降、国内を中心となっていた市場を世界に拡大する戦略を開始しました。喫煙が健康に与える影響については世界中で取りあげられていて、日本と同様に加熱式タバコに移行する人も増加傾向にあることで市場規模も拡大していくと考えられています。

 

グローバル化の鍵を握る販売ルートの拡大とは?

プルームテックが世界に進出するためにJTが行っている戦略の一つが販売ルートの拡大です。

日本ではそれまで紙巻タバコが主流だったこともあって加熱式タバコの本体はもちろん、カプセルやカートリッジの購入ができる場所が限られていました。これにより喫煙者に中々認知されていませんでしたが、その後コンビ二などで気軽に手に入れられるようになったことで人気が加速したと言われています。

そして更なる市場の拡大を求めて始められたのがオンラインによる購入です。

これは世界中にシェアを持つ大手通販サイトなどで購入をできるようにすることで海外の喫煙者の需要を増やしていくのが狙いとされています。

実際にこのオンラインショッピングによるサービスを開始してから海外の売り上げが伸びてきているというデータもあるほどです。

店頭販売についても海外の一部の国では行われていますが、今後はその対象となる国を拡大させていくことも検討されています。

 

プルームテックの今後の展望は

加熱式タバコは喫煙者の健康や環境に配慮された新しい形のタバコとして世界中から注目されていて、プルームテックも同様に今後も需要の増加が期待される商品の一つです。

JTが考えるプルームテックのグローバル化は、これまでの紙巻タバコとして築き上げてきた高い人気や実績による信頼によって実現していくことが予想されます。

今後もプルームテックの進化に期待大ですね!

🌟最新Ploom TECH(プルームテック)最安値で購入出来ます🌟

⭐️Ploom TECH(プルームテック)専用ケース⭐️

Ploom TECH(プルームテック)の満タン充電時間は?1日どのくらい使える?

2018.08.17

新型プルームテックが年末に発売開始!進化した「高加熱式」解説します!

2018.07.26

プルームテックの正しい使用方法を解説!使えるアクセサリー紹介

2018.07.26

ニコチン0「VITAFUL(ビタフル)」とは?加熱式タバコのアイコス・グローよりプルームテック似の電子タバコ!

2018.07.26

プルームテック「低温加熱方式」とは?JTの加熱式タバコ、良いとこ悪いとこ徹底比較解説

2018.07.26

【厳選】プルームテックの一番人気おすすめケースをご紹介!

2018.07.26

限定プルームテックが登場!新5色バッテリーの抽選予約申込の方法

2018.07.14

新型プルームテック3タイプが登場!3種類の新型モデル比較【高加熱・煙量増・通常】

2018.07.13

プルームテックは複数購入できる?2台目を買う方法!実店舗とオンラインストアの違い

2018.07.13

プルームテック購入に必須!JTホームページで会員登録する方法!

2018.07.13

Ploom TECH(プルームテック)の健康被害JT加熱式タバコの有害性は?タバコ・アイコス・グローとの比較まとめ

2018.02.22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です