衣服に付いたタバコの臭いを消す方法BEST3

今回は衣服に付いたタバコの臭いを消す方法BEST3!

ということで外食に行った時などに衣類についてしまった嫌なタバコの臭いの代表的な3つの落とし方をまとめてみましたので、参考にしてください。

時間に余裕があれば、事前に対策を講じることもできますので、最後に記述します臭いを防ぐ方法も、是非参考になさってください。

さて、1度衣類についてしまったタバコの臭いはなかなか落ちにくくて厄介ですよね。

洗濯機で水洗いできればいいのですが、一緒に洗濯した衣類にも、タバコの臭いがついてしまったり、そもそも水洗いができないようなアウターはクリーニングに出す他なかったりと、なかなか厄介な代物です。

実はタバコの落ちにくくて厄介な性質には理由があって、タバコが含んでいる成分が数種類の複数成分が複雑に絡み合ってできている臭いに由来します。

この臭い成分の代表的なものとして、タール、アンモニア、硫化水素、酢酸、アセトアルデヒドなど、様々な有害物質が挙げられます。

こうした数種類から数十種類の臭いの元が折り重なって服の繊維に入り込んでしまうため、頑固で落ちにくい臭いが出来上がるというわけです。

これらの成分の有害さはすでに一般的に広く知られていて、衣類についたタバコの臭いを放っておくと、乳幼児などへの三次喫煙被害の拡大の原因にもなりかねません。

そこで最初に、具体的な衣類のタバコの臭いを消す代表的な3つの方法をまとめましたのでご覧下さい。

・衣類のタバコの臭いを消す方法その1 風を使って臭いの分子を飛ばす

これは非常に手軽な方法なので、根本解決にはなりませんが、出がけの忙しい時間帯などにも活用できるので紹介しておきます。
具体的な方法としては、民生機のドライヤーで冷風設定にし、匂いのついた衣類に吹き付けて表面の臭いを飛ばす方法です。
ドライヤーが使用できない状況でも、そのまま自分の腕で衣類を振り回すだけでも表面の臭いには効果があります。

・衣類のタバコの臭いを消す方法その2 湿気や蒸気などの水分を使って臭いを吸着させ取り除く

湿気が衣類に浸透して、水分が臭いを吸って一緒に蒸発してくれるので、表面の臭いから、内部の臭いまである程度落とすことができる方法です。
アイロンスチームで蒸気を吹き付けるのが非常に効果的ですが、アイロンスチーム自体が無いという家庭では、浴室に湿気が残っている状態から、臭いのついてしまった衣類を、一晩かけておくといった方法でもこの湿気による臭い成分の吸着方法は実行できます。
何れにしても、湿気を含んだ衣類はそのままにせずに、風通しのいい場所などでしっかりと乾燥させるようにしましょう。

・衣類のタバコの臭いを消す方法その3 脱臭剤や消臭スプレーなど、人口技術を利用する

最近はコンビニエンスストアやドラッグストアなどでも、良質の衣類用消臭スプレーが販売されています。
こういった人口技術製品を利用するのも、もちろん効果的です。
こういった販売物を利用する時に注意が必要なのは、できるだけ無香料の消臭剤を使うようにしましょう。
基本的に消臭剤はタバコの臭いと混ざることを想定して作られていませんので、タバコに含まれているタール成分などと混ざってしまうと、非常に異物感のある臭いが出来上がってしまう可能性があります。

ここまでは、代表的な衣類についたタバコの臭いを消す方法を紹介してきました。
最後に、時間に余裕があるときにできる事前にできるタバコの臭いの対処方法をまとめますので、こちらも参考にしてみてください。

・事前にできるタバコの臭い対策その1 タバコの煙が蔓延しそうな場所では、上着は裏返して出来るだけ小さくたたむ

季節にもよるのですが、冬用のコートやジャケットなどを着ている時に、タバコの臭いがついてしまうと厄介ですよね。
こういったときはなるべく、コートなどの衣類の内側が表になるようにひっくり返して、コンパクトに畳んでおくことが大切です。
タバコの煙への接地面をできるだけ小さく抑えることが基本的な対策として挙げられるからです。
気がついたらできるだけ早く、このように対処しましょう。

・事前にできるタバコの臭い対策その2 飲食店などでは事前にビニール袋を用意しておく

こちらは事前準備が必要ですが、取り立てて特殊な袋でなくてもいいため、気がついた時にコンビニエンスストアなどで調達してもいいでしょう。
お店に入ってから、店員さんにもらってもいいかもしれません。
当たり前の効果ですが、袋に入れておくのと裸のままでは、衣類へのタバコの臭いの吸着度合いも全然違います。
コートやジャケットなどももちろんですが、バックやストールなども一緒に入れておくと後々後悔しないで済みそうです。

・事前にできるタバコの臭い対策その3 髪の毛に臭いをつけたくない場合は出来るだけ空間接地面を減らす

こちらは番外編ですが、女性の方は特に衣類以外にも、髪の毛にタバコの臭いが付くのを嫌う方がいらっしゃいます。
そういった人は、できるだけ髪の毛をコンパクトに結んでおくと、タバコの煙の接地面が少なくなって臭い自体が付きにくくなります。
それでも気になる人は、スウェット生地などの丸洗いできる素材の帽子を被っておくとかなり髪の毛への移り香を防ぐことができますので、一枚カバンに入れて持ち歩いておくと、急に出番がありそうです。

最後に

今回は、衣服に付いたタバコの臭いを消す方法BEST3、ということでここまでまとめてきましたが、参考になりましたでしょうか?

喫煙される方は日常的に、非喫煙者に臭いの配慮をしつつ喫煙することを心がけてもらうことと、非喫煙者の方は外出先ではここに記述したようなタバコの臭いを減少させる方法などを駆使して、そもそも衣類に臭いをつけないようにすることが大切です。

それでも衣類にタバコの臭いがついてしまって洗濯するようなときは、洗濯槽自体にタバコ由来の臭いが付着しないように、事前に洗面器などで衣類の下洗いをしたほうが良いでしょう。

意外に自分では気づきませんが、喫煙者の方の家の洗濯機は、洗濯槽にタール成分の臭いが付着していることが多いので、定期的に洗濯槽クリーナーなどを使って、洗濯機自体を清潔に保つことも非常に重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です