ニキビ治らない!それは喫煙が原因かも!喫煙者の肌荒れ対策とは?

タバコが身体に害があることは一般的に広く知られている事実ですが、その害が何故ニキビや吹き出物に悪いのかはあまり知られていません。

今回はタバコを吸うと何故ニキビができたり、肌の状態が悪化してしまうのかを始めに説明していきます。
喫煙者の方のみならず、副流煙にも同じ影響があると考えられていますので、喫煙者に関わる人たちもチェックしてみてはいかがでしょうか。

スモーカーズフェイスになっていませんか?

喫煙をしている人の顔は具体的な老化の度合いを年齢で例えると、5歳から10歳も老けて見られがちだと言われています。
特に高齢になればなるほどその傾向は顕著に現れます。

その喫煙者の顔の特徴としては、スモーカーズフェイスとかシガレットスキンと言われていて、シワの数が増えたりその深さが増したり、肌の色が黒ずんできたり、肌のハリがなくなってしまったりと、とにかく顔面の老化が進むことが世界的に知られています。

タバコがニキビの原因になる理由

①有害物質ベンゾピレンと紫外線

タバコの煙にはベンゾピレンという有害物質が含まれていて、その成分が紫外線と交わることで皮膚に炎症を引き起こす原因になると言われています。

例えば日差しのある場所で近場に喫煙所がある場合などには注意が必要です。

ただでさえ、強い陽射しや紫外線は肌に悪影響がありますが、その影響がタバコの煙によって増長されてしまうからです。

更にベンゾペレンは小児アレルギー疾患の原因になる代表的な有害物質とされていて、小さいお子様がいらっしゃる家庭では特に注意が必要になります。

②喫煙時の血行不良

タバコには、その依存症の原因とされる原因物質にニコチンという代表的な有害物質が存在しますが、ニコチンも肌に悪影響を与えます。

ニコチンはその強い依存性で知られていますが、弊害として全身の毛細血管の働きを弱めることや、血管自体を収縮させてしまう害があります。
結果として、喫煙することで血行不良に陥ってしまうのです。

血行不良には、肌に必要な酸素や栄養素を行き届けにくくさせ、結果的に肌の健康不良につながります。
ニコチンにより、肌は慢性的に栄養不足になり、ターンオーバー機能さえもうまく働かなくなってしまいます。
肌の代謝機能が低下することで、古い角質や垢が蓄積することとなり、結果的にニキビや吹き出物が出来やすい体質になってしまうのです。

代謝機能はシミやソバカス、ニキビ跡の復活スピードにも大きく影響しているので、肌の健康上、血行の不良は改善させるべきでしょう。

③タバコの煙によって全身が酸欠状態に陥ってしまう

タバコの煙の有害物質の代表的なものには一酸化炭素も挙げられます。
一酸化炭素事故などで紹介されるので知っている方もいらっしゃると思いますが、一酸化炭素は血中にあるヘモグロビンと強く結び付く性質を持っています。
これにより、一酸化炭素を吸ってしまうと全身が酸欠状態になってしまいます。

火災事故などの一酸化炭素中毒死とは、酸欠状態になり死に至ってしまう事故のことを指します。

血中にある酸素の濃度が低下すれば、肌細胞に届くはずの酸素量も減少することになり、細胞の分裂を妨げることになります。

④喫煙行為は睡眠の質を下げる

タバコを吸うタイミングでさらに人体に悪影響がある事をご存知ですか?
一番悪影響なのは、寝る前の喫煙です。

タバコに含まれるニコチンには覚醒作用があり、寝付くまでに時間がかかったり、眠りについたとしても質の悪い浅い眠りになってしまう可能性が高いと言われています。

睡眠の質は成長ホルモンの分泌に密接に関係しており、結果肌の新陳代謝がスムーズに行われなくなってしまうので、肌荒れ、ニキビ、吹き出物の原因になってしまうのです。

⑤喫煙行為は体内に大量の活性酸素を作り出す

タバコの煙が体内に入ってしまうことで、人体内部に大量の活性酸素が作り出されてしまいます。
ある程度までの活性酸素量であれば、抗酸化作用を持つビタミン群たちが機能して活性酸素を減らす働きをしてくれるのですが、タバコの煙は同時に大量のビタミンや抗酸化物質を破壊する性質を持っているので、肌の老化が一気に加速することになります。

肌の老化が進むということは、新陳代謝機能の低下につながりますので、結果的に肌の健康状態の悪化につながっていきます。

また、活性酸素は肌の健康状態の悪化もさることながら、ガンや脳梗塞、心筋梗塞などの重大疾患につながる可能性もあるため非常に危険な物質と言えます。

禁煙直後も肌が荒れやすい?

禁煙した直後の肌荒れに関しては諸説ありますが、タバコをやめて毒素が体内から放出されている段階であると考えられているのが一般的です。

こういった好転反応もあるのですが、実際はタバコをやめたことによる精神依存の矛先が暴飲暴食になりがちで、そのせいで肌へのダメージが増えてしまっている人も意外に多くいらっしゃいます。

とはいえ、タバコを吸うことは長い目で見て肌に悪影響があることは動かしようのない事実なので、禁煙をして肌が荒れるようでしたら皮膚科のクリニックを受診してみることが最善でしょう。

喫煙者の為の肌荒れ対策

ここまではタバコの煙が及ぼす肌への害を中心にまとめてきました。

簡単に禁煙をできればそれに越したことは無いのですが、中々すぐにはやめることができないのがタバコというものです。

少しづつ禁煙をしていくにしても、肌へのダメージを少しでも抑えたいという喫煙者の方のために、ニキビや肌荒れへの対策をまとめました。

禁煙ができるまで、これらのことを頑張って肌へのダメージをカバーしていきましょう。

①ビタミンCを含む食材をたくさん摂る

タバコの煙によって破壊されてしまうビタミンは、色々な食材から補うことができます。
アンチエイジングや肌の健全なターンオーバーに非常に重要な栄養素になります。

具体的にはパプリカパセリアセロラキウイレモンブロッコリーにビタミンCは豊富に含まれています。

②ビタミンEを含む食材をたくさん摂る

アーモンドに代表されるナッツ類に多く含まれています。他にはうなぎなどにもビタミンEは豊富に含まれています。

③サプリメントを活用する

食材だけで健全な肌のターンオーバーを維持することは喫煙者には非常に難しいです。
これまでに紹介した栄養素はサプリメントでも気軽に摂取できますので、地道に続けることが大切になります。

④紫外線対策をしっかりと行う

紫外線を浴びてしまうと、肌を守るために活性酸素が増殖してしまいます。
そのせいでビタミン群たちが大量に消費されてしまうことになるので、日差しの強い日の紫外線対策は非常に重要です。

⑤保湿も出来るだけしっかりと行う

過剰に皮脂分泌をしてしまう人は逆の注意が必要ですが、乾燥はお肌の大敵です。
毛穴を清潔に保つことと、保湿はとっても大切です。
化粧水をたっぷりと使い、乳液などでその潤いを閉じ込めるようにしてください。

⑥肌への刺激を極力抑える

クレンジングは極力優しく行わないと、皮脂の過剰分泌につながってしまいます。
タオルで拭くときもできるだけ水分を吸わせるように優しく拭き取ってください。

加熱式電子タバコと肌荒れの関係性は?

年々、利用者が多くなっている加熱式電子タバコについてはどうなのか気になっている人も多いかと思います。
加熱式電子タバコは、タール成分と一酸化炭素を大幅にカットできているので、紙巻タバコに比べると肌へのダメージは抑えられると言えるでしょう。

ですが、前述したようにニコチンによる血管収縮作用などの問題があることからニキビや肌荒れに関しての影響はあると考えて良いでしょう。

しかし、副流煙を大きく削減できているので、家族や近しい人のためにまずは加熱式電子タバコに乗り換えから始めてみるのをオススメします。

人気の電子タバコをまとめてみました!是非参考にどうぞ▼

【最新版】2019年おすすめVAPE/電子タバコスターターキット12選!初心者でも安心

2019.01.17

まとめ

喫煙者の人がニキビや肌荒れを予防したいのであれば禁煙をするのが一番の近道です。
タバコ自体は、肌に対しても健康に対しても百害あって一利なしです。

健康面での恩恵もさることながら、一箱500円するタバコをやめるということは、経済的にもメリットがあると思いますので、先述した肌への配慮ををしたり、正しいスキンケアをしながら、少しづつ禁煙にトライしてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です