加熱式タバコで「歯茎が痛くなる」のは”タール”が原因だった?!

加熱式タバコで歯茎が痛くなる理由

“アイコスやグローなどの加熱式電子タバコによって歯茎に痛みが出てくる症状”

その原因や症状などをまとめていきたいと思いますので、ユーザーの方でその症状に悩まされている方にご覧いただければと思います。

紙巻きタバコからの移行などでその人気がますます加速している加熱式電子タバコですが、普及からしばらく経過して加熱式電子タバコの意外な部分での人体への影響がわかってきました。

その中に、口腔内への影響があると言われています。

「歯周病への影響は、紙巻タバコよりもむしろ加熱式電子タバコの方が顕著に現れる」そうです。

今回は、加熱式電子タバコが口腔内に与える影響やその対処法などを記述していきますので、症状が思い当たる人や歯周病が悪化してしまったユーザーの方は今回の記事を参考にしてみてください。

加熱式電子タバコと紙巻タバコの違い

加熱式電子タバコと今までの紙巻タバコの大きな違いは、

火を使わないこと

すなわちタバコの葉を燃やさないことが挙げられます。

それによってタバコの有害物質の代表的な存在であるタールによる影響がほとんど出なくなるのが最大の長所と言えます。

タバコの葉を燃やさないということは、すなわち副流煙もありませんので、周囲への受動喫煙被害もありません。

臭いも紙巻タバコよりは格段に抑えることができて、周囲への不快感が軽減できることも特徴と言えます。

喫煙自体が及ぼす歯周病のリスク

タバコ自体が身体に良くないという事実は、喫煙者でも非喫煙者でもご承知のことと思いますが、口腔環境に取ってもタバコの喫煙は非常にリスクの高い行為とされています。

タバコが歯周病のリスク因子になり得る理由については、様々な要素が挙げられています。

  • ニコチン成分の血管収縮作用によって歯肉への栄養が滞る
  • 抗体を作り出す機能が低下して免疫機能が不完全になる
  • ニコチン成分が歯肉の修復作用を遅らせる
  • 血流悪化による体内の酸素不足によって歯周病菌の増殖を助長する

紙巻タバコが加熱式電子タバコに置き換わることで現れる歯痛

先述したように、ニコチン成分が歯周病菌を増殖する一助になる事実は、加熱式電子タバコにももちろん当てはまる事項なのですが、ではなぜ紙巻タバコよりも加熱式電子タバコの方が顕著に口腔環境を悪化させてしまうのでしょうか?

その理由は、実はタール成分は含まれていないことに由来します。

タバコの葉を燃やさない加熱式電子タバコの出す成分にはタールが含まれていないことは説明した通りですが、このタールには実は身体に非常に有害な成分が含まれて居る一方で、炎症を抑える作用抗炎症作用を持った成分でもあるのです。

それによって、本来歯周病にかかると歯肉の腫れや出血が症状として現れるのですが、紙巻タバコの喫煙者には表面的な症状が表れにくく、紙巻タバコが加熱電子タバコに置き換わった途端に症状が表面化するといった現象が起きるのです。

このカラクリが、加熱式電子タバコで歯茎が痛くなってしまう理由だと言えます。

実際に紙巻タバコを吸っていた時から、口腔環境は悪化し続けていてその症状自体がタールの抗炎症作用によってせき止められていただけの話で、もともと歯周病が発症していた喫煙者が多かったのだということです。

症状を緩和させたいのであれば理想は喫煙自体の停止

歯周病の治療、予防、口腔環境の改善を本気で考えるのであれば、やはり完全に喫煙行為をやめることが最大の近道になります。

次世代型の加熱式電子タバコは有害物質が大幅に削減されているものの、身体に影響を及ぼす成分が含まれていることは動かしようのない事実です。

ニコチンによる歯周病リスクももちろんですし、タールが削減されたからといって、歯周病を悪化させる要因を排除したことにはならないのです。

しかし、喫煙自体がやめられないのであれば、紙巻タバコよりははるかに加熱式電子タバコの方が被害が少ないのもまた事実です。

とにかく、口腔内に違和感を感じた場合は早めに行きつけの歯科医師に相談をして今後の対策を練るようにしましょう。

その他の口腔内の症状について

その他の加熱式電子タバコによる口腔内への影響ですが、紙巻タバコに比べればはるかに歯に付着するヤニは抑えることができます。

歯の黄ばみ自体はニコチン由来の成分が主ですが、その黄ばみを歯に貼り付けて止めてしまう効果があるのがタールだからです。

歯の黄ばみが気になる方が加熱式電子タバコに乗り換えるのは効果の高い方法と言えるでしょう。

さらに加熱式電子タバコは、紙巻タバコに比べて口臭も改善される傾向にあり、やはりタール成分のカットが非常に大きな意義を持っています。

タール成分は煙の中に紙タバコ特有の臭いを発するので、口臭が気になる方が加熱式電子タバコに乗り換えることも非常に効果的な方法であると言えます。

しかし一方で、ポップコーン臭と呼ばれる加熱式電子タバコ特有の喫煙臭が発生してしまったこともよく知られた事実で、いわゆるタバコ臭いのではなく、アイコス臭い何かを燻しているような臭いのことを指します。

このポップコーン臭に関しては、アイコスのメンテナンスで大幅に軽減できますので、アイコス臭が気になっている方は、ヒートスティックを吸った後に丁寧に本体を掃除するように心がけるようにしてみましょう。

一度ちゃんとメンテナンスしてみると、驚くほど臭に関しては改善されますよ。

最後に

ここまで、加熱式タバコで歯茎が痛くなる理由、ということでまとめてきましたが、参考になりましたでしょうか?

歯周病は骨を溶かして、歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

加熱式電子タバコに変更しても、歯周病に関してはリスクの軽減はされませんので、最終的には禁煙に向かって行動していくのが得策だと言えます。

紙巻タバコを吸っている方はもちろんのこと、加熱式電子タバコのユーザーの方も、他人事とはせずに定期的に歯科受診をして口腔内のケアに努めることにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です