電子タバコで禁煙成功!特性・利点を徹底解説!成功事例・実感症状は?

今回の記事では、禁煙目線からでの電子タバコの特性や利点をまとめていきたいと思います。

禁煙をしたいと思っている方や、禁煙の為に電子タバコの購入を考えている人たちの参考になればと思います。

現在禁煙ブームが巻き起こっている日本国内ですが、紙巻タバコを常用している方にとっての「禁煙」は、思っていた以上に大変です・・・。

そこでここでは、電子タバコを活用しての禁煙の始め方と、禁煙のメリットについてをまとめて記述していこうと思いますので、ご覧ください。

電子タバコでの禁煙をおすすめしたい人

肺機能が低下したと感じる方

単純な運動不足の原因のありえますが、肺機能が低下したと感じたら、そろそろ禁煙の初めどきかもしれません。

持久力が落ちてきたと感じたり、肺活量が低下したと感じたり、明らかな自分自身のパフォーマンスの低下は、禁煙によって改善できる箇所が十分にありますので、ぜひ取り組んでみましょう。

 

単純に紙巻タバコが美味いと感じられる瞬間が減った方

風邪をひいたときのタバコのように、以前よりもタバコの味自体が美味しいと感じなくなったら、体がタバコの煙を拒絶しているサインです。

ニコチンに脳内を洗脳されていても、身体は有害物質を拒否しているということですね。

もっと深刻な状況としては、体調の不良を通り過ぎてタバコの味の変化は肺がんの初期症状の可能性もあります。

ぜひ、そう感じた場合には禁煙へ一歩踏み出してみましょう。

 

支出をどうしても減らしたい方

1日1箱以上タバコを吸うヘビースモーカーの方は特に切実な話になってきますが、タバコの出費は侮れない支出になります。

1カートンで5,000円ですから、1年で60,000円、5年で300,000円の出費になると考えれば、大きなものに感じられるはずです。

それも1日2箱、3箱と増えていってしまえば、その支出は何倍にも膨れていきます。

単純に電子タバコに変えるだけで、吸う量は変える事が出来なくとも月に5,000円〜10,000円の節約になりますので、支出が気になっている喫煙者の方は、使い捨てタイプの電子タバコを試しに一ヶ月間でも試してみると良いのではないでしょうか。

 

タバコのコミュニケーションは持続させたい方

喫煙所でのリラックスしながらの職場の仲間との会話は、人によっては非常に大切なコミュニケーションの場になります。

その関係性がなくなることが嫌でタバコをやめることができないという人は一定数存在します。

普段は顔を合わせることのない他部署の同僚ともコミュニケーションがとれることもあるので、人によっては非常に大切な場だからです。

そういった人にも電子タバコでの禁煙は非常にオススメで、同僚の一服の時間に合わせて電子タバコを使用すれば、これまで通りのコミュニケーション環境が維持できるので、職場での立ち振る舞いが変化することはないでしょう。

 

電子タバコで禁煙に成功した時の実感

タバコの臭いが気になる様になる

喫煙者だったときは、タバコの臭いなどなんとも感じませんが、非喫煙者になった後にタバコの臭いを嗅いでみると非常に敏感に煙の臭いを感じ取れるはずです。

その臭いが不快になれば、一人前の非喫煙者です。

ふとした瞬間に今まで自分がその臭いの発信者だったということを振り返ると、戦慄を覚えることもあるでしょう。

元喫煙者の非喫煙者が嫌煙家になりがちなのは、この理由が大きいと言われています。

 

味覚の劇的な変化がある

特に白米や、自然素材の穀物の甘さに気付けると、感動を覚えます。

お酒自体の味も非常に美味しく感じられ、舌で味わうような繊細な味にも敏感に反応できるはずです。

調味料の微妙な違いや、香辛料の繊細な風味にも気づくことができるようになったら、禁煙成功だと言っていいでしょう。

 

朝が快調になり目覚めが良くなる!

寝る前の一服の習慣があった人は特に感じるかもしれませんが、朝の目覚めは本当に爽快になります。

睡眠と起床の間がはっきりと区分される感覚なので、シャキッと起き上がることができます。

目覚ましよりも先に覚醒するようになれれば立派に禁煙が成功した証拠だと言えるのではないでしょうか。

慢性的に気怠く、体の重さが辛くなってきた方は禁煙のタイミングでしょう。

 

口腔環境の劇的な改善

家族や配偶者がいる方は特に周辺の方たちに言われるかもしれませんが、口臭がなくなり舌が綺麗になります

もちろん体臭や衣類の臭いも消えるので、家族にタバコくさいと思われることがなくなるでしょう。

臭いによって家族関係が悪化することはありがちな事ですので、娘さんや息子さんが、お父さんの臭いが気になる旨の言葉を言われた記憶があるのであれば、禁煙する価値は十分にあるでしょう。

ここでも電子タバコで禁煙する事の利点が発揮されます。

臭いに関しては非常に評価の高い電子タバコですので、タバコから電子タバコに乗り換えるだけで、劇的に口腔環境は改善されます。

電子タバコの構造は基本的にはアロマ水蒸気と変わらないので、ほのかなメンソールが口臭を消し去ってくれるでしょう。

 

最後に

紙巻タバコから電子タバコに移行した瞬間は、違和感があって、素っ気ない吸いごたえだと思うかもしれませんが、慣れてくるとリキッドの違いや本体の嗜好性などを楽しめる様になり禁煙の一助になってくれることは間違いありません。

ここでまとめてきた様に電子タバコは禁煙に非常に有効な手段になり得るアイテムですので、自分に合った機種を探してみて、禁煙への一歩を踏み出すことにしましょう。

iQOS互換機の最新人気ランキング【2018年度版】徹底比較!最強のアイコス互換機はどれだ?

2018.08.24

加熱式タバコは禁煙エリアでも吸える?

2018.07.14

【受動喫煙防止条例】加熱式タバコは全面禁煙の対象外?東京都条例を詳細解説!

2018.07.14

たばこ増税決定!加熱式タバコも増税へ!アイコス・プルームはいくら値上げ?

2018.07.13

IQOS(アイコス)が7,980円で購入可能に!アイコスユーザー500万人達成記念に大幅値下げ!

2018.06.09

アイコスの有害性は低い?アメリカFDAのIQOS健康調査

2018.03.28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です