iQOS互換機の最新人気ランキング【2019年度版】徹底比較!最強のアイコス互換機はどれだ?

iQOSユーザーの中にはiQOSに不満がある人も数多くいます。

そんなユーザーの為にiQOS互換機の比較ランキングを企画してみました。

本家アイコスの不満な点を解消したiQOS互換機もあるので、iQOSのサブ機として互換機を購入するのも面白いでしょう。iQOSよりも安く購入できるものが多いことも、サブ機としての購入を検討しやすいのではないでしょうか。

互換機は数多くあるので、自分が重視したいポイントから選びましょう!

しかし、初めて互換機を買おうと考えている方は数多く販売されているiQOS互換機の中からどれを買えばいいか分からない人もいるのではないでしょうか。

そんな方々の為に当ブログが実際の使用感などを元にアイコス互換機のランキングを作ってみたので、早速見ていきましょう。

まず始めに、本家iQOSのスペック、アイコス互換機選びに失敗しない基礎知識、最後にランキング形式で各商品を紹介しています。

それではまずは、本家iQOSシリーズ3機種のスペックからまとめてみました!

iQOSシリーズ3機種スペック

2018年11月にiQOS3、iQOS3 MULTI発売されました。詳しくは、実機レビュー記事も是非参考にどうぞ!

今回の新型iQOS3とiQOS3 MULTIは価格が更に高額になりました。吸いごたえは以前と変わりませんが、デザインがスタイリッシュ・コンパクトになりiQOS3 MULTIの場合は、連続使用が可能になり喜びの声が多くありました。

又、iQOSの難点「よく壊れてしまう」現象は、これからの使用なのでなんとも言えない所です。

アイコス互換機の平均価格約4,000〜8,000円。やはり頻繁に利用する事を考れば、メイン・サブ機として1台は互換機を購入しておくことをおすすめします。

発売されているアイコス互換機は数えきれないほど商品があるのでどの互換機が良いのか判断が難しい方向けに選ぶポイントとおすすめランキングをご紹介します。

アイコス互換機を選ぶポイントとしては、どの機能性を重視して選ぶのか定めておくと良いでしょう。

アイコス互換機を選ぶ7つのポイント!

  1. 価格帯
  2. 連続使用の数
  3. 吸いごたえ(キック感・ミスト量・ドローの重さ)
  4. サイズ感
  5. 加熱方法
  6. バッテリ容量
  7. メーカー

この7つのポイントを基準に互換機を選べば、失敗せずお好みの互換機と出会えます!様々なメーカーから発売されている互換機はそれぞれ特徴を持ち合わせています。

ポイント1「価格帯」

まず第一に価格帯。これはどなたもとても重視するポイントでしょう。いくら高性能で使い勝手が良くても、本家iQOSや他のiQOS互換機より大幅に高ければ選択肢から外れるでしょう。

性能や質感、他の機種とのバランスを考え、価格を評価していきたいと思います。

ポイント2「連続使用の数」

次に連続使用の有無、そして本数。
最新のiQOS MULTIには連続使用の機能がプラスされましたが、iQOS 3には連続使用ができません。
連続使用の有無、使用可能本数は、重視する人も多く満足度に直結する重要なポイントと言えるでしょう。
iQOS互換機ランキングを作成するにあたって、この点を踏まえて重視しました。

ポイント3「吸いごたえ」

吸いごたえについては個人の感じ方によるので、少し判断しにくい部分です。キック感、ミスト感、ドローの重さをトータルして感じる「吸いごたえ」については、iQOSの吸いごたえを基準にしてどの様な味わいが良いのかで判断しましょう!

ポイント4「サイズ感」

iQOS互換機は常に持ち歩くもの。いつも携帯する商品は当然サイズ感が重要になりますよね。
人によって許容できる大きさは違います。とても小さいサイズじゃないとダメな人もいれば、ある程度の大きさは問題ない人もいます。

ランキングではこのサイズ感もしっかり伝わるように心がけました。

ポイント5「加熱方法」

この加熱方法ですが、各機種にはそれぞれ売りとなる加熱方法があります。この加熱方法の違いにより、吸った時のキック感の違いなどに繋がります。製品独自の加熱方法によって総合的な満足感の違いがうまれるのでここも重視するポイントです。

ポイント6「バッテリー容量」

満充電にして使用してどれくらい持つかは、バッテリー容量によって変わります。
満充電から何本のタバコスティックを吸えるかは、大きな評価ポイントと言えるでしょう。

ポイント7「メーカー」

製品を評価する上で、メーカーの信頼感はとても重要です。初期不良や故障時のアフターケアなどはメーカーがいかに信頼度が高いかは、製品選択の上では、重要な指標ではないでしょうか。

上記のポイントの中で重要視するポイントさえ決めておくと、迷わず購入できますよ〜!今回のランキングでは、互換機の特徴もお伝えしているので参考にして下さい。

2019年最新アイコス互換機おすすめランキング

1位  TODOO(トゥードゥー)

TODOOは本家iQOSを超える高機能満載のi互換機。

充電池を使用するので、予備のバッテリーを持つことにより電池切れの心配から解放される画期的なiQOS互換機です。

TODOOではVAPE(電子タバコ)でよく使う18650リチウムイオン電池を使用します。

電池自体は1,000〜2,000円で買えるので予備として持ち歩けば、電池切れの心配はありません。

肝心の吸いごたえですが、iQOSよりもしっかりと味が出るので吸いごたえは抜群です。好みによって温度を4段階に変更できるので吸いごたえを調節することも可能です。

TODOOにはLEDディスプレイがあり、加熱状態、加熱温度、パフ数残量、バッテリー残量、加熱電圧など、わかると便利な情報が表示されます。このようなディスプレイ付きの互換機は少ないのでここも大きな差別ポイントでしょう。

商品本体はアルミ製なので価格に見合う高級感がありあります。そしてネットでの評価も実に高いのが、さらに安心できるところ。

数多い互換機の中でも総合力トップとして1位にふさわしい商品でしょう。

注意点としては、本体で電池を充電できない旧型を買わないことです。

本体でそのまま充電できる新型を買うように注意しましょう。

サイズ
110mm x 24mm
重量
62g(VTC4バッテリー装着時:106g)
バッテリーメーカーによって重さが異なる場合があります。
温度調節
300℃/310℃/320℃/330℃
喫煙可能本数
制限なし
連続使用
可能
バッテリー
18650電池1本(電池交換式)

価格は最安値8,980〜9,800円

MASKKING TODOOの徹底レビュー | バッテリー交換できる最強iQOS互換機

2019.01.31

2位  EFOS E1(イーフォス)

EFOSは、独自開発である「3D加熱システム」が一番の特徴です。3D加熱とは、iQOSのヒートスティックを均等かつ効率的に加熱することが出来る用に設計されています。特殊な3D加熱方式を搭載する事で、本来の「味・風味」を一層際立たせます。

更に、バッテリー容量が“2000mAh”で大容量になっているなどパワフルで安定した動作が好評です。

サイズ
103mm x 48mm x 24mm
重量
299g
温度調節
2段階
喫煙可能本数 約10本
連続使用
可能
バッテリー
2000mAh

価格は一律 3,780円

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ

iQOS互換機「EFOS E1(イーフォス)」レビュー・評価・口コミは?iQOSと比較結果!

2019.01.14

3位 iBuddy i1(アイバディ)

iBuddyは、glo(グロー)に非常に酷似していて、商品概要もほぼ一緒です。ヒートスティックをiBuddy本体に挿して加熱して吸引するという方法になります。

サイズ的にもヒートスティックの箱と同程度の大きさしかないので、かなりコンパクト設計です。持ち運びには最適です。連続吸引は出来ませんが、加熱から喫煙まで20秒と非常に早いメリットがあります。

サイズ
79.5mm x 46mm x 25.5mm
重量
70.5g
温度調節
なし
喫煙可能本数
約15本
連続使用
可能
バッテリー
1800mAh

 

価格は約5,000〜6,000円

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ

iQOS互換機「iBuddy i1」のレビュー評価、口コミは?アイコスとの比較も調査

2019.01.12

4位 ACE(エース)

吸いごたえに定評のあるiQOS互換機ACE(エース)。電池容量も3200mAhと大きく、実用性の高いiQOS互換機です。

強いキック感が好評で吸いごたえを求める層にはとても人気ですね。EFOSなどにはついてある温度管理調節機能がない点、価格が比較的高めな点がマイナスポイントですが、高品質なアイコス互換機として検討に値する商品です。

サイズ
100.8mm×50.6mm×26mm
重量
259g
温度調節
なし
喫煙可能本数 約20本
連続使用
可能
バッテリー
3200mAh

価格は一律 7,980円 → 6,384円(20%OFFキャンペーン中です)

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ

IQOS互換機EFOS E1後継機「ACE(エース)」使い方・レビューは?何が変わった?

2018.11.12

5位 iSmoke(アイスモーク)

2018年2月に発売された一体型互換機です。ホルダーやチャージャーを取り出してくる必要がありません。ヒートスティックをチェーンスモークしたい人にとっては理想的な商品構造になっています。
公式スペックによると、連続で3分間、13本の吸引が可能です。

又、充電器一体型構造を採用で本体と一体化しているので、その点も好評高く人気です。

サイズ
94mm×23mm×18mm
重量
30g
温度調節
なし
喫煙可能本数 約13本
連続使用
可能
バッテリー
650mAh

価格 8,424 円(税込)

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ

iSMOKE(アイスモーク)iQOS互換機レビュー!軽量コンパクトで連続使用可能!

2018.07.30

6位 Fyhit Eco-S(ファイヒットエコ-エス)

Fyhit Eco-Sは、加熱温度が調整できる本体一体型タイプです。このモデルは厳密に言うとiQOS互換機専用と言うわけではありません。iQOSのヒートスティックも使えますが、この機種の強みは「シャグ」というタバコの葉を使用して手巻きタバコが使用出来ます。

この機種でシャグを使用すると、通常の紙巻タバコやiQOSに比べて格段に節約できます。個人差はありますが、月のタバコ代が2,000-3,000円になったという声も多く聞きます。

ランニングコストが劇的にアップすることによる節約の効果は非常に高く、コスパを求めたいのであればiQOSユーザーにとってとても良い選択肢だと言えるでしょう。

低温モード、通常モード、高温モードと選ぶ事が出来ます。バッテリー容量は2200mAh、稼働時間は約12本分、パフの可能回数は16回です。

サイズ
150mm x 24mm
重量
290g
温度調節
3段階
喫煙可能本数 約12本
連続使用
可能
バッテリー
2200mAh

価格は、5,280円前後

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ(この記事では、前モデルのFyhit CS PENの紹介記事です。後継モデルのFyhit Eco-Sも内容的にはかなり近いので参考にして下さい。)

電子タバコ「Herbstick Fyhit CS PEN」の評価・口コミは?

2018.03.06

7位 Kamry Kecig 4.0(カムリ キーシグ 4.0)

Kecigは、コンパクトなボディで持ち運びが便利な人気のiQOS互換機です。電子タバコ業界では有名なKamry(カムリ)というメーカーの製品です。

温度調節機能がセールスポイントで、他にも自動クリーニングやバイブ通知など多機能な点も人気の理由です。とても評価が高く愛用者が多いのでオススメです。

サイズ
57mm x43mm× 18mm
重量
37.5g
温度調節
3段階
喫煙可能本数 約8-10本
連続使用
可能
バッテリー
650mAh

価格は2,980〜4,980円

8位 Kamry Kecig 2.0 Plus(カムリ キーシグ2.0 プラス)

KamryTech KeCig2.0は、キャップ部分とヒートブレード部分とバッテリー部分の3層構造です。万が一加熱ブレードが折れてしまっても、その部分だけを交換すれば修理が完了できるようになっています。

又、連続使用にも対応、クリーニング機能も付いていながらもかなりコンパクト設計です。

サイズ
112.2mm x 14mm
重量
38g
温度調節
なし
喫煙可能本数 約10-12本
連続使用
可能
バッテリー
650mAh

価格は、4,500円前後

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ

【互換品】アイコスよりコンパクト「KamryTech KeCig2.0」の評価・口コミは?

2018.03.13

9位 VAPE STEEZ CIQS (シックス)

サイズ
118mm x22mm
重量
290g前後
温度調節
なし
喫煙可能本数 記載なし
連続使用
可能
バッテリー
1600mAh
価格は、一律2,480円

 

10位 Ocean-C Q2(オーシャンシー)


Ocean-C Q2は、純正のアイコスよりも安く、ヒートスティックを美味しく味わえると評判高いデバイスです。コンパクトな設計なのに、1000mAhとサイズ感に比べて非常に大容量です。

一本につき3分間、総吸引本数は15本、ディスプレイによる温度管理機能付きです。

サイズ
111mm x23mmx20mm
重量
58g
温度調節
230~280℃(1℃単位で設定可能)
喫煙可能本数 約15本
連続使用
可能
バッテリー
1000mAh

価格は、5,000円前後

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ

IQOS互換機「Ocean-C Q2」新発売!1度単位で温度調節可能デジタル表記!

2018.07.17

11位 C-Tec HEAT(シーテック ヒート)

C-Tec HEATは、互換機史上初となる「ライトニングケーブル」で充電できる仕様です。日本国内もiPhoneユーザーの数は非常に多いので、加熱式電子タバコユーザーからの反応も上々の様です。

オールインワンタイプなのにコンパクト設計。連続仕様は約10本まで。チェーンスモーク可能、加熱温度の調整可能です。

サイズ
540mm x40mm
重量
50g
温度調節
3段階
喫煙可能本数 約10本
連続使用
可能
バッテリー
650mAh

価格は、4,980円

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ

新しい形!iQOS互換機「C-Tec HEAT」ライトニングケーブルで充電OK!

2018.07.09

12位 Wand2.8(ワンド)

Wand2.8は、最新の360度加熱方式を採用し、バイブレーション機能も搭載。2500Ahなので連続仕様は18本です。

分解交換可能で、メンテナンスがとても楽です。水洗いにも対応しています。自動クリーニングも行えます。

サイズ
80mm x45mm× 21.3mm
重量
126g
温度調節
3段階
喫煙可能本数 約18本
連続使用
可能
バッテリー
2500mAh

価格は、4,980円前後

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ

iQOS互換機「Wand2.8」特徴・使い方を徹底解説!

2018.07.26

加熱式タバコ 在庫豊富 互換 Wand2.8 ワンド2.8 HITASTE 正規代理店 日本語説明書付き 送料無料 正規品 加熱式たばこ ヴェポライザー 電子タバコ

一番人気は総合力トップのTODOOがオススメ!

 

TODOOを断然おすすめする5つの理由

  1. リチウムイオン電池あれば充電切れの心配なし!
  2. 温度調節4段階だから吸いごたえ抜群!
  3. IQOS3 MULTI同様スライドカバー付き!
  4. デイスプレイで残りバッテーリー量一目瞭然!
  5. 残りのパフ回数もしっかり表示してくれる!

数あるiQOS互換機の中で一番おすすめなのは「TODOO」という結果になりました!TODOOは、バッテリー交換可能なiQOS互換機です。VAPEでよく使う18650リチウムイオン電池を使用しています。充電出来ない場所でもリチウム電池の予備さえあれば、バッテリー切れも怖くありません。

気になる味についてですが、断トツの温度調節4段階なのでしっかり味がでて吸いごたえ抜群です。

そして価格面は、8,980円。TODOOの高機能な事を考えるとかなり安くお得です。(ちなみにiQOS MULTIは、9,600円です。)

高性能のディスプレイがかなりの高評価で、残りのバッテリー量も一目瞭然なので突然のバッテリー切れも起こりません。更に、残りのパフ回数までもディスプレイ表示されているのも嬉しい特徴です。

他のiQOS互換機にはない「TODOO」を試してみはいかがでしょうか?

詳しいレビューはこちらの記事も是非どうぞ♪

まとめ

今回は、iQOS互換機の比較ランキングをご紹介致しました。故障が多いiQOSユーザーの参考になればと思います。

互換機にもいろいろな種類がありますが、コスパが良い、連続使用可能、味が美味しいなど、それぞれの機種に強みがあります。

本家iQOSに不満のあるユーザーさんは、このようなメリット、デメリットを比較して、iQOS互換機を検討してみるといいでしょう。

互換機に乗り換えしているiQOSユーザーも多くいます。メイン使用またはサブ機として試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です