話題の「吸うエナジードリンク」特集!人気商品4選

気分転換や仕事や勉強をもうひと頑張りしたいときの強い味方が、エナジードリンク!

医薬部外品などの「栄養ドリンク」と違い、炭酸飲料などと同じように気軽に飲めるのが好評です。

商品によって、カフェインやアミノ酸などの配合成分や味わいもさまざまですが、清涼飲料水であるエナジードリンクで、代表的なものとしては、オロナミンCやリアルゴールド、レッドブルなど様々な商品が販売されています。

しかし、飲むエナジードリンクから最近では「吸うエナジードリンク」というコンセプトとして、最近新感覚の吸引型エナジードリンクが登場しているのはご存知でしょうか。

吸うエナジードリンクというワードをはじめて聞く方や、どういう商品なのか、またどういった種類があるのかなど、この度調査してきましたので、紹介していきたいと思います。

話題の吸うエナジードリンクとは

普段エナジードリンクを飲む方や、たまには恋しくなるなぁと感じる方も少なくないと思いますが、吸引型のエナジードリンクが日本のみならず、世界中で話題になってきています。

吸うエナジードリンクといっても、たばこのような直接的に害のあるものではなく、喫煙しない方でも気軽に吸引できる吸引型エナジードリンクフレーバーを指します。

害はありませんが、18歳未満の使用は推奨していません。また、12本の使用など、エナジードリンクの摂りすぎには注意が必要です。

「吸うエナジードリンク」特集!人気商品4選ご紹介!

イーグルエナジー

世界初の吸引型エナジードリンク「EAGLE ENERGY(イーグル・エナジー)」は、カナダの企業が開発し、現在世界中で利用者が拡大している新感覚の商品です。

売上本数は1億本を突破し話題に!使用方法はカートリッジに液体を吸収し、「EAGLE ENERGY(イーグル・エナジー)」を吸う事で自動的に液体を気化し、水蒸気となります。

成分はガラナエキス(カフェイン)をはじめ、植物から抽出した天然成分のみを使用し、ニコチンゼロ、カロリーゼロ、糖分ゼロで、有害物質などの成分は一切含まれておらず、安全に利用できるエナジードリンクとなります。

たばこのヤニのように有害なものはないため、壁に匂いや色はつかず、オフィスや家の中、車内など、場所を選ばず利用できるのがメリットです。

価格は1本1,580円(税込)で約400回の吸引が可能です。目安として10-20回でコーヒー1杯分の効果が得られるため、コスパのよいエナジードリンクの効果が得られます。

公式サイト:https://eagle-energy.jp/

ディアブロエナジー

日本発の吸引型エナジードリンク「Diablo Energy(ディアブロエナジー)」。「エナジードリンクは飲む時代から吸う時代へ」というキャッチフレーズで手軽にカフェインやビタミンを補給することが可能になります。

成分はガラナエキス(カフェイン)をはじめ、ビタミンB12、高麗人参などを使用しており、「EAGLE ENERGY(イーグル・エナジー)」同様、身体に有害なニコチン及びタールは成分に含まれていないため、喫煙しない人でも安心して利用できます。もちろん、周りにも害がないため、場所を選ばず吸引することが可能です。

また、味はエナジードリンク風味の「エナドリフレーバー」と爽やかなミント風味の「ミントフレーバー」の2種類があり、気分やシチュエーションに合わせてお好みのフレーバーを味わうことができます。

価格は1本3,480円(税込)で約400回の吸引が可能です。

公式サイト:https://diabloenergy.jp/

ston

Ploom TECH(プルーム・テック)」などを展開するJT(日本たばこ産業株式会社)の関連会社のBREATHER(ブリーザー)が販売している「ston(ストン)」。

Ploom TECH(プルーム・テック)」同様、専用カートリッジを装着し、吸い込むことでカートリッジ内のリキッドが熱せられて蒸気が発生する点で「ston(ストン)」も同じ構造となっています。

しかし、「ston(ストン)」の場合は、ニコチンは含まれておらず、蒸気に含まれるカフェインやGABA(ギャバ)を摂取することでリフレッシュ・リラックス効果を得ることを目的としています。

本体価格は6,000円で、カラーバリエーションは、月白(げっぱく、シルバー)、浅葱(あさぎ、緑)、鉄紺(てつこん、濃紺)、茜(あかね、赤)と、日本の伝統的な色合いを採用した4色を展開しています。

また、別売りの専用カートリッジは、ミントフレーバーとカフェインを配合した「POWER(パワー)」と、ココナッツフレーバーにGABAを配合した「CALM(カーム)」の2種類が用意されています。どちらも「ひと休み」というテーマで作られたフレーバーで、気分によって味を変えながら吸引型エナジードリンクを楽しむことができます。

カートリッジは3本入りで、各1,800円(税別)。1本あたり250回の吸引が目安とされています。

公式サイト:https://www.breather.co.jp/product

Caffeine Intaker ONEUP

VAPE STEEZ(ベイプスティーズ)の使い捨て電子たばこ、ONEUP「ワンナップ」。便利でお手軽にVAPEを利用できるだけでなく、覚醒や活性化作用のあるカフェインを含んだ大注目の使い捨てVAPEです。

ONEUPは様々なVAPE製品を取り扱う電子タバコ専門ショップ「VAPE STEEZ」のオリジナル製品で、この製品は使い切りタイプの電子タバコ(VAPE)となっています。特徴は、カフェイン入りですが、本格的なデバイスと比べれば味が劣るようです。

ただし、キック感(メンソールやニコチンの刺激感)はないのですが、エナジードリンク風味が好きな人は満足感を得られると思います。

また、エナジードリンクのような独特の風味ですが、変な癖はなく吸いやすい味というのはうれしい点といえます。

なお、デバイスのサイズ感ですが、タバコサイズよりも太くて長いのですが、重量が14.5gと軽量で、まるでタバコのように使うことができます。喫煙者には馴染みやすいサイズと重量感となっています。

価格は3本入りで2,480円(税込)。1本あたり500回の吸引が可能で、他の吸引型エナジードリンクのデバイスに比べて数多く吸引することが可能です。

公式サイト:https://www.vapesteez.jp/

 

まとめ

今回は、飲むエナジードリンクではなく、吸うエナジードリンク、吸引型のエナジードリンクの効果が期待できるデバイスを紹介しました。

吸引型エナジードリンクはニコチンを含む紙巻きたばこや加熱式たばこのようなものではなく、日頃喫煙していない人でもリラックスしたいなどの効果を得られるとあって、日本だけでなく今世界中で話題となっているデバイスとなっています。

気になる方はオンラインショップなどで販売されているので、ぜひチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です