lil HYBRID(リル ハイブリッド)レビューまとめ!メリット・デメリットは?

加熱式タバコでメジャーの「アイコス(IQOS)」でおなじみのフィリップ モリス ジャパンが、202010月から宮城・福岡県内とエリア限定で提供する、加熱式タバコ「lil HYBRID(リル ハイブリッド)」。

現在、販売されている加熱式タバコは、約200以上で加熱する高温加熱式の「IQOS(アイコス)」「glo(グロー)」「Ploom S(プルーム・エス)」「PALZU(パルズ)」と、約40以下で加熱する低温加熱式「Ploom TECH(プルーム・テック)」シリーズ3種類の、大きく分けて2種類があります。

それに対し、「lil HYBRID(リル ハイブリッド)」は「約160加熱でリキッド付き」で、いわゆる中高温加熱式とでも言うべきデバイスが登場したことで、SNSなどを中心に加熱式タバコを愛用するユーザーの間ではちょっとした話題となっています。

機能性やスペック、アイコスと比べてどうなのか、また実際に使用した口コミも含めて、今回「lil HYBRID」について調査してきましたので、紹介していきたいと思います。

lil HYBRID(リル ハイブリッド)

韓国・KT&Gとフィリップ モリス ジャパンがタッグを組み提供する「lil HYBRID」は平均約160と、中高温域となる温度による加熱に加え、「プルーム・テック・プラス」シリーズが採用しているリキッドカートリッジも備えた、新しい方式の加熱式タバコとなっています。

高温加熱式タバコに比べて温度が低くなった分、喫味・蒸気量を補うためにリキッドを採用したと想定されます。

フィリップ モリス ジャパンが提供する新しい方式の加熱式タバコではありますが、「IQOS」との互換性はありません。

lil HYBRID」は使用前にリキッドカートリッジを装着しなければいけません。「プルーム・テック・プラス」シリーズと同様の仕様となっています。

異なる点は、「lil HYBRID」のカートリッジは別売りでプラス60円。

ただ、加熱式タバコを持ち運びする場合は充電残量やたばこスティックをあと何回使用できるかだけでなく、リキッドカートリッジの残量も考慮しなければいけません。

lil HYBRID」の構造を見てみると、「IQOS」のような加熱ブレードを採用しておらず、巻いた紙の周囲から温める周辺加熱方式を採用。

そのため、直接タバコ葉を加熱しないことにより、内部が汚れにくい点は魅力的です。

さらに、専用スティックの先端にはY字型中空アセテートチューブを装着し、ほぼタバコ葉は密閉状態となり、使用後のタバコ葉のカスがこぼれにくくなっているよう配慮されています。

これにより、内部の汚れを気にせずメンテナンスフリーとなるため、「IQOS」のクリーニングで悩まされていた人や、こまめに手入れしない人にとってはおすすめのデバイスとなります。

思った以上に「lil HYBRID」の内部の汚れなさには衝撃を受けるはずです。

次に、実際の吸いごたえや喫味について見ていきたいと思います。専用たばこスティックは3種類用意されていて、カートリッジは共通で使えます。

使用時回数は14パフ程度、使用時間に換算すると、420秒とやや短めの印象です。なお、加熱後初めて吸う時に限り、蒸気が熱めであるため、大きく吸い込むなどやけどに注意が必要です。

たばこスティックのベーシックであるレギュラー味を試してみました!

実際に吸ってみるとタバコ感は少ない印象ですが、キック感はしっかりあり、蒸気用に添加されているグリセリン類特有の不思議な甘ったるさを感じます。

味わいについてはライトで酸味の少ない穏やかなタバコの味わい。蒸気を多く出すVGタイプのグリセリン類をメインに使っているのか、甘酸っぱさが目立ちすぎる印象です。

実際の口コミまとめ

IQOS(アイコス)」などの高温加熱式タバコはポップコーン臭の独特な臭いがする点、タバコスティックから落ちたタバコ葉がホルダーの底に溜まってしまうので定期的なメンテナンスが必要とされている点で、改善を求める意見が多いです。

しかし、IQOSなどのタバコスティックを使用する高温加熱式タバコよりも臭いが軽減されていて、タバコ葉が散らばらないのでそういった点では口コミなどの評判は良いという印象です。

ですが、リキッドカートリッジを採用しているからなのか吸い応えが弱いという口コミも。

販売地域が限定されている事もあり、口コミ自体は少なかったのですが、総合的に見ると低温加熱式タバコに近い味わいと吸い応えという意見が多かったです。

メリット・デメリットについて

最大のメリットは、従来の「IQOS(アイコス)」のような加熱式タバコのように、高温型加熱式タバコではないため、「IQOS(アイコス)」のようなポップコーン臭漂うニオイが軽減されているところが魅力的です。

また、加熱ブレードではなく、巻いた紙の周囲から温める周辺加熱方式で設計されているため、タバコ葉が散らばらないことでデバイスが汚れにくく、クリーニングがほぼ不要である点です。

クリーニングをあまりしたくない、こまめに手入れしない方にはおすすめのデバイスとなります。

デメリットとしては、リキッドカードリッジを採用しているということもあり、吸いごたえやキック感が従来の「IQOS」に比べて弱い点でしょう。

そしてリキッドカードリッジが別売となりますので、充電の残量とは別に、カードリッジの残量も気にしなければいけないという点で、少々面倒に感じる人も少ないと思います。

また、地域限定での発売なので、手に入れにくいことも事実です。

今後全国展開されれば、誰でも手に取ることはできますが、イメージとしては低温加熱式タバコに近い味わいと吸いごたえという印象です。

まとめ

やはり使用して感じるのは、本体の充電切れ、リキッドカートリッジ残量、たばこスティックの有無、この3つを把握しておくというのは、一般的な愛煙家にはちょっとハードルが高いと感じます。

その点で、「lil HYBRID」は不利と言えます。ただ、「IQOS」のクリーニングに苦労している人にとって、ほぼメンテナンスフリーというのはうれしい情報です。

さらに美しいディスプレイは見やすく、残り喫煙回数がわかるのも朗報です。

少しクセのある「レギュラー」を除いて、味わいは新境地のおいしさであり、口コミでも上々です。

中高温という新たな分野のデバイスということもあり、絶妙な設定が生み出す、クセのなさと雑味のないシャープなキック感は、これまでの加熱式タバコでは体験できなかった部分ではないでしょうか。

持ち運びは少々かさばり、重い印象です。

また、現状はデバイス価格が高めで、地域限定ですが、テスト販売の側面も大きいと思うので、今後は口コミや実際のレビューにより改善されると思います。

加熱式タバコの可能性が広がり、新たな喫煙の体験を楽しめるデバイス「lil HYBRID」。

気になる方はぜひ一度チェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です