Ploom TECH (プルーム・テック)がiQOS(アイコス)より優れている点を解説!

今回は、Ploom TECH (プルーム・テック)がアイコスより優れている点を解説していきます。

現在話題の加熱式電子タバコのプルームテックとアイコスですが、プルームテックが加熱式電子タバコの中で優れている点をアイコスとの比較でまとめていきたいと思いますので、これから購入を検討されている方は是非参考にしてみてください。

プルームテックの東京販売が近づいていることもあり、その注目度も高いプルームテックはJTが製造販売している加熱式電子タバコです。

そのプルームテックを、加熱式電子タバコの代表格であるアイコスと比較することで、より詳細なプルームテックの情報源になればと考えています。

それでは以下に記事をまとめましたのでご覧下さい。

Ploom TECH (プルーム・テック)


プルームテックとは、JTが製造販売している新型の加熱式電子タバコになります。
プルームテックに対してアイコスはフィリップモリスが製造販売しています。

アイコスとプルームテックは同じ加熱式の電子タバコですが、アイコスはマルボロなどの銘柄の味を継承しているもので、プルームテックはメビウスなどの銘柄の味を継承しているものとして捉えるとわかりやすいかもしれません。

 

プルームテックとアイコスの製品比較

本体値段は、プルームテックが定価4,000円なのに対して、アイコスは定価9,000円ほどとなっているため、ここでは単純にプルームテックに軍配が上がりそうです。

入手難易度は、アイコスがコンビニなどでも運が良ければ購入できるのに対して、プルームテックは入手難易度が高めです。

重さに関しては、プルームテックが16.6グラムなのに対して、アイコスは120グラムもあります。

故障の対応に関しても、プルームテックがバッテリー部分のみを修理に出すことで完結することに対して、アイコスは本体、もしくはヒートスティックが故障した段階で使用不可になってしまいます。

 

プルームテックとアイコスの使用感比較

日々のメンテナンスは、プルームテックが掃除などのメンテナンスが一切必要ないのに対して、アイコスは清掃もメンテナンスとして必要になるため、面倒くさがりには少しつらいかもしれませんね。

加熱式電子タバコには避けて通ることのできない充電については、プルームテックはスティック部をUSBによって充電すればいいだけなのに対して、アイコスは一度使用するたびにヒートスティックの充電が必要になります。

しかも本体とヒートスティックの両方を充電する必要があるため、充電の点でもプルームテックにアドバンテージがつきそうですね。

 

プルームテックとアイコスの味や臭いの比較

タバコ感の比較

よくある、両方吸った喫煙者の方の意見として、アイコスの方がタバコ感があるという意見を耳にします。

正確にその意見を述べるのであれば、プルームテックの方にタバコ感がないのではなく、プルームテックの吸引時の蒸気の冷たさにその原因があるように思います。

アイコスの方は数直前に加熱ボタンを押すことによってヒートスティックを熱します。
プームテックにはその過程が存在しませんので、セットしたらすぐに吸える反面、タバコが熱される処理もありません。

それが紙巻タバコとは一線画した、独特の吸い口になっていると考えられます。

 

味の比較

アイコスは現在8種類のフレーバーが発売されています。対してプルームテックは現在5種類のフレーバーが発売されています。

先述したように吸う蒸気自体は冷たいのですが、しっかりとタバコ感は存在します。
ただ、やはりアイコスと比べるとタバコ感は若干薄れてしまいます。

 

臭いの比較

ですが、加熱式電子タバコにとって臭いはとても重要な要素になります。
基本的に紙巻タバコに存在する臭いや現存する有害物質が気にならないのであれば、加熱式電子タバコをわざわざ吸う必要がなくなるからです。

アイコスが、タバコの臭いはないにしても薪のような独特の物を燃やしているような臭いがするところに対して、プルームテックはそういった何かを燃やしているような臭いは皆無です。

どれほど臭いがしないのかというと、非喫煙者に方にプルームテックの蒸気を嗅いでもらっても、なにかのフレーバーミントのような臭いがすると言うだけで、臭いだとかタバコの臭いがするといった意見はほとんど出なかったそうです。

臭いを徹底的に気にされるのであれば、現段階でニコチンの摂取できる加熱式電子タバコの中において、プルームテックは一番無臭と言えるのではないでしょうか。

 

プルームテックの販売情報

記述してきた理由によって、購入希望者の多いプルームテックですが、2017年5月までは福岡での限定発売でした。

その理由としては、そのあまりの需要の多さに供給が全く追いつかず、発売範囲を狭める必要があったからだということです。

そのため、大手通信販売サイトなどではプルームテックの本体価格が異常に高騰して、定価の4倍以上の値段が日常的についているような状況でした。

しかし、2017年6月に東京での発売が決定をして、全国展開自体も間近という情報が流れて、市場のプルームテックの価格は一旦落ち着きを見せました。

 

プルームテックの購入方法

現在では、プルームテックを公式に購入する方法として2通りの購入方法が存在します。
まず1つ目がプルームテックの公式店舗、プルームショップの利用です。

以前は福岡に一店舗あるのみでしたが、現在東京の銀座と新宿にもプルームショップはオープンしています。
東京近郊に住んでいる方には一番確実な方法かもしれませんね。

プルームテックの2つ目の購入方法は、公式通販での購入方法です。
しかし、現在そのあまりの人気ぶりに公式通販は一旦販売中止状態になっています。
すぐに使ってみたいという方は、Amazonや楽天など大手通信販売サイトを利用することになりそうです。

 

プルームテックとアイコスは結局どちらがオススメなのか?

最後に総評としてプルームテックとアイコスのメリットデメリットを比べてみたいと思います。

比較1 値段は断然プルームテックの方が安い
比較2 タバコ感はアイコスの方が上
比較3 メンテナンスはプルームテックの方が断然楽
比較4 臭いの面でもプルームテックがリード
比較5 健康被害もプルームテックの方が少ない

と、いうことで問題となるタバコ感さえ許容できるのであれば、断然プルームテックの方が乗り換えのメリットが高いという結果になりました。

 

最後に

ここまで、プルームテックがアイコスより優れている点をまとめてきましたが、参考になりましたでしょうか?

結果だけ見れば、手入れやメンテナンスの手間がなく、健康被害が最小に抑えることのできるプルームテックに軍配が上がりそうです。

あとは記述してきたように、個人による使用感やタバコの感じ方などが異なるので、人それぞれに合った加熱式電子タバコを探していくことが大切になりそうです。

🌟最新Ploom TECH(プルームテック)最安値で購入出来ます🌟

⭐️Ploom TECH(プルームテック)専用ケース⭐️

Ploom TECH(プルームテック)どのフレーバーが吸いやすいのか・美味しいのか人気おすすめランキング!

2018.05.17

Ploom TECH (プルーム・テック)空のカートリッジを簡単に再生させる方法とは?悩み解消!節約術とは?

2018.03.30

成田空港「Ploom TECH (プルーム・テック)専門店」OPEN!免税価格で購入出来る!海外行く時はチャンス!

2018.03.26

【最新】Ploom TECH (プルーム・テック)の通販・販売店値段と予約・定価購入方法

2018.03.20

Ploom TECH (プルーム・テック)の健康被害の有害性は?徹底解説!

2018.02.22

iQOS(アイコス)・glo(グロー)・PloomTech(プルームテック)各種の違い・選び方のポイント!

2018.02.16

徹底比較!Ploom TECH用充電可能な車専用ホルダーおすすめ

2018.01.11

Ploom TECH(プルームテック)カスタマイズ方法の紹介!自分だけのプルームテックを作ろう!

2018.01.05

Ploom TECH (プルーム・テック)代用互換品のご紹介!知っておいて損はない!必ずチェックしておこう!

2018.01.04

Ploom TECH (プルーム・テック)の通販・販売店値段と予約・定価購入方法

2017.11.26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です